塩ラーメン

雄大な知床の山々、摩周湖などの湖、野鳥の釧路湿原、牧場の十勝、など豊かな道東エリア。

鮭やホッケなど海の幸に加えて、牧場による肉類や乳製品の豊富さが魅力の土地です。

今回は北海道の中でもグルメが豊富な道東のグルメを紹介していきます。

道東のグルメ分布図

道東のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

道東グルメ分布図


網走市のグルメ

01.オホーツク網走ザンギ丼

網走ザンギ丼写真 道の駅網走の「キネマ館」で中華風味付けの網走ザンギ丼

北海道で一般的にザンギというと鶏肉ですが、網走産のオホーツクサーモン(カラフトマス)を使用したものが網走ザンギと呼ばれています。

網走では特にどんぶりとしてご当地グルメ化。極力地元産を使用し、網走産の貝類を使用した味噌汁が付くのも特徴です。

02.網走モヨロ鍋

網走モヨロ鍋写真 網走アーケード街に近い居酒屋「さわ」で1人前のモヨロ鍋

オホーツク塩を使用した塩味ベースに白魚醤油を使用したスープが特徴の鍋。

オホーツクサーモンをメインにして、魚のすり身、地元産の貝類や野菜などの具材を使用。

アイヌ人とは異なるモヨロ人が存在したことが発掘で判明したため、網走らしさで当グルメの名称に採用したそうです。

北見市のグルメ

03.オホーツク北見塩やきそば

オホーツク北見塩やきそば写真 北見駅付近「オホーツクビアファクトリー」の北見焼きそば

生産量日本一の北見タマネギを使用した、オリジナルの塩焼きそば。

オホーツク海産ホタテや道内産小麦の麺を使用するなどルール8か条が定義されています。

北海道じゃらん編集長の提唱により開発された、2007年登場の新ご当地グルメです。

04.北見の焼肉

北見の焼肉写真 北見駅の市街地にある焼肉屋「道食」の牛サガリ1人前

北海道で人口あたりの焼肉屋の数が一位の北見。市内に70店舗ほどあると言われます。

特に名物なのが一般的にハラミと呼ばれる部位「牛サガリ」で、横隔膜のこと。豚ホルモンも名物のひとつです。

新鮮ゆえ下味をつけずに提供されるのも北見焼肉の特徴のひとつで、七輪で焼くのが定番。

斜里町のグルメ

05.知床鶏

知床鶏写真 ウトロの民宿「たんぽぽ」の朝食で知床鶏のハムを堪能

透明感のある肉の色と白めの脂肪の美しさが魅力とされる、知床の地鶏。

北海道産の小麦や海藻粉末を飼料に配合しているため、鶏独特の臭いが少ないのが特徴。

地元だけでなく全国的な流通もあるブランド鶏とも言えます。

06.海鮮丼

海鮮丼写真 ウトロの食事処「い志もと」で色々な刺身が乗る海鮮丼

海沿いでは一般的な海鮮丼ですが、知床のウトロ地区では特に海鮮丼を売りにしている飲食店が多くて観光シーズンに賑わいます。

ウニは夏場が知床産、冬場が羅臼産など。イクラ、ホタテ、カニなど色々な魚介類が使用され、海鮮丼のバリエーションも各店で豊富です。

07.斜里産小麦の麺類

知床鶏写真 知床斜里駅前の居酒屋「車馬道」の味噌焼きそば

特に知床斜里駅近くの販売店や飲食店では、知床斜里産の小麦粉を使用した製品が多々あります。

パン屋のパン、菓子舗のアップルパイ、飲食店ではラーメンや焼きそばも。

春収穫の強力粉「春よ恋」と秋収穫の薄力粉「きたほなみ」のどちらも斜里町産小麦100%。

根室市のグルメ

08.エスカロップ

エスカロップ写真 根室の喫茶店「どりあん」でバターライスのエスカロップ

ピラフの上にトンカツを乗せて、デミグラスソースをかけた根室名物の洋食。

主にバターライスを用いる白エスカが多く、ケチャップライスを用いる赤エスカもあります。

1963年に根室の洋食店モンブランが考案し、語源はフランス語で肉の薄切りを意味する「エスカロープ」というのが有力な説です。

釧路市のグルメ

09.炉端焼き

炉端焼き写真 釧路「ろばた銀座」で炉端焼きの時シャケは脂たっぷり

釧路が発祥と言われる炉端焼きは、囲炉裏などの炉で肉、魚、野菜などを焼いたもの。

特に港町として鮭やホタテなど魚介類を中心とした食材を楽しめます。

店によっては焼いた食材を「掘返べら」と呼ばれる大きいしゃもじで客前に提供してくれます。

10.つぶ焼き

つぶ焼き写真 釧路のラーメン屋「かど屋」で提供されるつぶ焼き5個

食用の巻貝「つぶ貝」は一般的に刺身で食べることが多い食材ですが、釧路では焼いて食べるのが定番です。

釧路ではエゾバイ貝が主に用いられ「青つぶ焼き」という呼び方も。

特に居酒屋で飲んだ後の締めとして、ラーメン屋やそば屋に立ち寄った際に併せて提供されるお店が有名です。

11.釧路ラーメン

釧路ラーメン写真 釧路のラーメン屋「かど屋」で酒飲んだ後の醤油ラーメン

北海道の三大ラーメンの札幌、函館、旭川に次いで四大ラーメンと位置付けられている、細ちぢれ麺が主流の釧路醤油ラーメン。

大正時代に横浜から持ち込まれた支那そばをベースに、昭和期の屋台で釧路向けの味に改良されて漁師達に支持されたと言われています。

添加物を使用せず昆布、鶏ガラ、野菜、豚骨など店によってスープの素材も様々です。

12.勝手丼

勝手丼写真 和商市場の海鮮店「岩崎物産」のご飯に魚介類乗せの勝手丼

釧路の和商市場の名物となる海鮮丼で、総菜屋でご飯を買ってから市場の各店舗をめぐって好きな海鮮素材を乗せていくことができる丼です。

もともと北海道を旅するライダーが安く海鮮丼を食べるための工夫だったもので、現在はカニ汁なども添えて楽しむことができます。

13.スパかつ

スパかつ写真 釧路駅付近の食事処「味富」のボリューミーなスパかつ

ミートソーススパゲッティの上にトンカツが乗った、ボリュームたっぷりの釧路名物。

熱々の鉄板で提供されるのも特徴のひとつです。

発祥店はレストラン泉屋。洋食文化が浅かった1960年代の釧路にて鉄皿のスパゲッティを提供して話題になり、当時ご馳走だったトンカツを乗せたことで釧路名物として定着。

14.さんまんま

さんまんま写真 釧路フィッシャーマンズワーフ内「魚政」のさんまんま

もっちりとした炊き込みご飯の上にサンマを乗せた、棒寿司タイプの郷土料理。

釧路の魚政が販売していますが、付近で提供する飲食店での提供や釧路空港での販売もあります。

脂が乗ったサンマが用いられ、ご飯とサンマの間に挟まれた大葉の香りも楽しめます。

15.釧路のそば

釧路のそば写真 釧路商店街「北大通東家」でかしわ肉の入った温そば

蕎麦の文化が強い釧路にて、少し緑色がかった色合いが特徴の蕎麦。釧路では一般的にクロレラを使用することで蕎麦が緑色になります。

もとは収穫したての新そばが緑色になるため、収穫期以外でも新鮮さを表すためにクロレラで緑色にするようになったのだとか。

阿寒湖エリア(釧路市)のグルメ

釧路市に属する観光地、阿寒湖。アイヌの文化が色濃く、観光のひとつとしてアイヌ文化のイベントもあります。

16.行者ニンニク

行者ニンニク写真 屈斜路湖畔「丸木舟」で行者ニンニク使用のコタン丼

東日本での生息が多いネギ属の多年草「ギョウジャニンニク」は「アイヌネギ」とも呼ばれ、北海道でも定番の食材として活用されています。

アイヌ文化が色濃い観光地の阿寒・摩周エリアで料理がよく提供されています。

5月が旬の食材として葉と茎が主に用いられ、強いニンニク臭で肉料理などにも活用されます。

17.阿寒ポーク

阿寒ポーク写真 塘路駅近く「プレッツェモーロ」の阿寒ポークトマトパスタ

阿寒連峰のふもと、釧路湿原に隣接した農場で育てられた銘柄豚。

広い飼育場でストレスなく育て、腐葉土によるミネラルたっぷりの水を使用。脂のしつこさや肉の臭みとクセの少ない、柔らかい肉質が特徴。

農場は阿寒・鶴居村にありますが、標茶町など釧網本線沿いの飲食店でも使用される豚です。

弟子屈市(摩周)のグルメ

摩周湖、屈斜路湖を有する弟子屈(てしかが)。最近は他県民にも通じやすい摩周(ましゅう)への名称変更が少しずつ行われています。

18.摩周そば

摩周そば写真 摩周駅付近で蕎麦ラーメンもある蕎麦屋「両国」の摩周そば

平成2年から生産された浅い歴史ながらも、道東の蕎麦の名産地として名高い摩周産そば。生産量が少ないことで幻の蕎麦とも言われます。

実の青いうちに収穫することから淡い緑色が含まれた蕎麦になるのが特徴のひとつ。蕎麦店が多い釧路で摩周産を使用するお店もあります。

19.摩周鯛

摩周鯛写真 川湯温泉のロッジ風「ホテルパークウェイ」の夕食の摩周鯛

ティラピアという魚ですが、鯛と味が似ていることから摩周鯛と名付けて刺身や揚げ物に。

もとは観賞用として弟子屈町の老人ホームで飼われており、温泉水での養殖が可能で食用になることから弟子屈の名物として養殖を開始。

現在は川湯温泉のホテルパークウェイのみで夕食に提供されており、ホテルの裏手で約2万匹が飼われています。

20.摩周ハイボール

摩周ハイボール写真 川湯温泉「ホテルパークウェイ」の夕食に摩周ハイボール

摩周湖のピュアな青色をイメージして作られた、摩周エリアのご当地カクテル。

レシピが公開されており、ブルーキュラソーのBOLSブルーとウイスキーのブラックニッカを炭酸水で割ったハイボールです。

弟子屈町のバーだけでなく、幾つかの飲食店や宿でも提供されています。

帯広市のグルメ

十勝ブランドで資源豊富な帯広市。新グルメの開発にも積極的で、帯広市を中心として付近の市町村でも提供されるグルメもいくつかあります。

21.十勝豚丼

帯広豚丼写真 帯広の老舗「はげ天」で炭火の香り豊かな豚丼

甘辛いタレが染みた厚切りの豚肉を炭火で焼き上げ、白ご飯に乗せた帯広の豚丼。

牧場が多い十勝エリアでは古くから豚肉料理の文化が強く、豚肉をさらに美味しく食べる方法として1933年創業「ぱんちょう」が考案したと言われています。

脂身の少ないロースが主に用いられ、老舗のお店がいくつも存在する帯広の代表グルメです。

22.十勝チーズ

十勝チーズ写真 十勝の農場「半田ファーム」のテラスで楽しむチーズ

全国の9割を占める北海道のチーズのうち、約半数は十勝産。ナチュラルチーズ工房が約40軒存在する十勝はチーズの代表産地です。

平坦で広大な十勝平野は乳業が盛んで、湿度が少なく気温の高低差が大きいチーズ製造に向いた気候です。

十勝ワインにも合うカマンベール、ピザなどに向いたモッツァレラ、そして最近ではラクレットチーズも多く見かける種類豊富さも売りです。

23.十勝ボロネーゼ

十勝ボロネーゼ写真 帯広のダイニングレストラン「十勝農園」の十勝ボロネーゼ

2012年に十勝のシェフたちが集結し、十勝産小麦を中心とした食材で完成させたパスタ。

十勝産小麦100%の生パスタを使用。具材は店により異なりますが、とかちマッシュ(キノコ)、十勝産の肉、豆類、野菜なども使用。

ミートソース仕立ての味で、イタリアン店を中心に食べることができます。

24.中華ちらし

中華ちらし写真 帯広駅内「ラーメン青龍」の中華ちらしはもやしタップリ

野菜などの具材を炒めて味付けしてご飯の上に乗せた、野菜炒めご飯。帯広市では中華ちらしと呼び、1970年に作られた料理が起源。

具材はエビ、イカ、もやし、卵、ニラ、きくらげ、など店舗により様々。

中華丼と異なるのは、あんかけスタイルではなく醤油タレでとろみ無く味付けされるところ。紅しょうがが添えられるのも特徴です。

25.十勝豚、十勝野ポーク

十勝豚、十勝野ポーク写真 網走市街地で閉店してしまった「豚の華」の十勝豚しゃぶ

十勝の新鮮な空気のもと、良質な水で育てられた十勝の豚。

脂身が多い傾向にあり、とけていく良質な豚バラの脂はしゃぶしゃぶ等にも向いています。

26.おびひろスイーツ

おびひろスイーツ写真 帯広のイタリアン「十勝農園」のミルキーパンケーキ

牛乳、生クリーム、チーズなど乳製品の宝庫として全国的にも有名な十勝。菓子王国とも言われ、スイーツのお店も豊富です。

おびひろスイーツめぐり券での店舗巡りも第20弾を超えて、パンフレット付きの引換券を購入して市内を歩いて菓子類を楽しめます。

もちろん飲食店でのデザートもこだわりが多く、食事の最後まで十勝産を堪能できます。

清水町のグルメ

27.十勝清水牛とろ丼

十勝清水牛とろ丼写真 帯広市街地「寿司考房 山」で北海道ネタの牛とろ海鮮丼

十勝スロウフードが製造する「牛とろ」を使用して各飲食店が工夫をこらした、牛とろ丼。

細かく挽いた牛とろフレークを温かいご飯に乗せるスタイルで、牛とろの脂のまったりした味わいが特徴。

第9回全国ご当地どんぶり選手権で準グランプリを受賞。清水町を中心に、帯広市でも提供店舗があります。

まとめ

雄大な北海道の中でも摩周湖などの自然と十勝などの広い牧場を有する道東エリア。
その土地や海から産み出される肉、魚、野菜、そして乳製品まで幅広い素材を楽しむことができる魅力の場所です。

各市町村の特産による新しいご当地グルメも出てきて、いろいろなグルメを楽しめます。

以上、北海道の道東エリアのご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年3月29日 更新日:2018年5月8日)