冷汁

宮崎県のグルメといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

東国原英夫さんが宮崎県知事だった頃、県産品PRが盛んに行われていたのも記憶に新しいところ。

チキン南蛮、地鶏炭火焼がブームになり、現在では全国区になったグルメもあります。

今回は宮崎県のグルメを幾つか紹介していきます。

宮崎県のグルメ

まずは宮崎県全域で名物となっているグルメを紹介していきます。

01.チキン南蛮

チキン南蛮写真 東京の有楽町「うまやの楽屋」のチキン南蛮

鶏の唐揚げに甘酢を絡めて、甘めのタルタルソースを上からかけた料理。鶏南蛮とも呼ばれます。

もとは延岡市発祥で、現在のタルタルソースを掛けたタイプを考案したのが宮崎市の洋食屋「おぐら」と言われています。

かつてはムネ肉を使用するのが主流でしたが、現在ではモモ肉を使用するお店も多々あり。市販のソースを用いて家庭でも作られる名物です。

02.冷汁(ひやじる)

冷汁写真 東京の有楽町「うまやの楽屋」の冷汁はオクラと豆腐が主体

ダシと味噌で味を付けた冷たい汁物で、白飯や麦飯にかけて食べるぶっかけ飯の一種。

豆腐、輪切りキュウリ、青シソ、茗荷などの具材が入った夏バテ向きの健康食で、暑い夏でも食べやすい料理として古くから重宝されたもの。

もとは忙しい農家の食事として宮崎平野一帯で作られていたもので、現在は県北や県西も含めた県全域で食べられる郷土料理となっています。

03.宮崎牛、宮崎和牛

宮崎牛、宮崎和牛出典 http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/

宮崎県内で生産肥育された黒毛和種の和牛。

肉質等級が4~5等級の肉を宮崎牛と呼び、4等級に満たなかった肉を宮崎和牛と呼びます。特に県南部で多く飼育されています。

特に宮崎牛は、全国和牛能力共進会の第9回から3大会連続で最高賞「内閣総理大臣賞」を受賞しており、日本一と名高いです。

04.レタス巻き

レタス巻き出典 http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/

マヨネーズで味付けしたレタスとエビを巻いた、巻き寿司。最近ではエビではなくカニカマボコやシーチキンなどを用いた発展形も登場。

昭和41年に宮崎市の老舗寿司屋「一平」が発祥で、初代店主が友人の作曲家である平尾昌晃の野菜嫌いを直すために考案したもの。

現在は宮崎市だけでなく延岡市などを含めて県全域で親しまれており、寿司屋だけでなくスーパーやコンビニの惣菜でも売られています。

05.地鶏の刺身、鶏刺し

地鶏の刺身、鶏刺し出典 http://www.city.nichinan.lg.jp/

鶏の食育、生育文化の強い宮崎県で古くから飼育されていた在来種「地頭鶏(じとっこ)」。

地頭鶏に交配を重ねて登場した「みやざき地鶏」は、2004年に「みやざき地頭鶏」と命名。

新鮮な地鶏として刺身やタタキで食べるのが宮崎県では一般的。噛みごたえがあり柔らかく、鶏特有の臭みがなく消化が良いのが特徴です。

06.鶏もも焼き、地鶏炭火焼

鶏もも焼き、地鶏炭火焼出典 http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/

宮崎県で焼き鳥といえば炭火焼が定番。

主にもも肉を使用して「鶏もも焼き」と呼ばれており、宮崎県の地鶏を用いた「地鶏炭火焼」として提供するお店も多数あります。

炭火で煙を存分にまぶした炭火焼は黒色を帯びて、硬めで噛めば噛むほどに味が出るもの。

塩のみのシンプルな味付けのお店が多い一方で、味噌などで味付けをするお店もあります。

07.手羽餃子、手羽先餃子

手羽餃子、手羽先餃子出典 http://www.mukaiyama.co.jp/

鶏の手羽(手羽元、手羽先)の骨を抜いて、空いた部分に餃子の具を詰めた料理。焼いて食べるか、揚げて食べるのが一般的です。

全国的に見られる料理ながら宮崎発祥と言われており、一方で博多が発祥という情報もあり明確なルーツが判明していない様子です。

08.釜あげうどん

釜あげうどん出典 http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/

揚げ玉の浮かぶダシ汁に温かいうどんをつけて食べる「釜揚げうどん」は、宮崎県の定番グルメ。

ラーメン文化が強い九州において、山脈に隔たれた宮崎県はうどん圏で「飲んだ後の〆にうどん」といった独自の文化が色濃い土地柄。

特に宮崎市、延岡市を筆頭に県全域でうどん屋さんが多く、釜揚げうどんのお店が沢山存在します。

09.みやざき伊勢エビ

みやざき伊勢エビ出典 http://nobekan.jp/cms/gourmet/

9月1日に解禁となり、黒潮の流れる日向灘で育った大きい身が特徴の伊勢海老。

9~11月の3か月間「宮崎イセエビいただきマンス!」として県全域でお祭りの大賑わい。

特に県北部の延岡市と県南部の日南市の伊勢エビ祭りでは、海岸線や国道に沿って沢山並ぶ飲食店で伊勢エビメニューを楽しめます。

【提供店一覧】 みやざき観光情報旬ナビ 伊勢えび提供店
【店舗分布】 延岡市18店舗、日南市15店舗、他に県全域で店舗あり

宮崎市のグルメ

宮崎空港を持つ、県南部に位置しながら県の中心地となる宮崎市。

10.肉巻きおにぎり

肉巻きおにぎり写真 全国に名を馳せて店舗展開する「元祖にくまき本舗」の一品

醤油ベースのタレに漬け込んだ豚肉をご飯に巻いてオーブンで焼いた、おにぎりの一種。主に豚モモ肉が使用され、レタスが添えられます。

1994年に賄い料理として誕生し、1997年11月に宮崎市のとりあえず本舗(現・元祖にくまき本舗)で販売したのが始まり。

ノーマル、チーズ、ねぎマヨなど色々なバリエーションがあります。

【提供店一覧】 非公式 肉巻きおにぎり提供店5選
【店舗分布】 宮崎市内に数店舗、全国的に展開あり

11.鶏のゆずこしょう焼きそば

鶏のゆずこしょう焼きそば出典 http://www.mfamily.co.jp/

宮崎県産の鶏肉、ピーマン、たまねぎなどを用いて、ゆずこしょう風味のタレを使用して炒めたご当地焼きそば。

宮崎県産の食材を使用した新グルメを作るために、宮崎市観光協会が2012年夏に実施したグルメバトルでグランプリに選ばれたメニュー。

宮崎県国富町出身の川越達也シェフが料理の審査を行い、ゆずこしょう風味のタレの開発も行った一品です。

都城市のグルメ

全国的にも畜産が豊富な市、都城(みやこのじょう)市。

12.都城牛、都城和牛

都城牛、都城和牛出典 http://miyakonojyo.ja-miyazaki.jp/

霧島連山のふもと、長い日照時間の霧島盆地で育てられた都城の和牛。全国屈指の黒毛和牛の産地、都城のブランドです。

霧島裂罅(れっか)水という名水、日光で豊かに育った牧草により、きめ細やかな霜降りの肉に仕上がります。

【提供店一覧】 JA都城 都城和牛店舗一覧
【店舗分布】 都城市に数店舗

日南市、飫肥のグルメ

鵜戸神宮、サンメッセ日南など海岸線の名所を持つ、県南部に位置する日南(にちなん)市。城下町の飫肥(おび)も日南市にあります。

13.かつおめし

かつおめし出典 https://www.kankou-nichinan.jp/

カツオの刺身が乗った丼に熱いお茶を注いで食べる、漁業のまち南郷(なんごう)の漁師料理。

カツオ漁船の船内で食べ残しのカツオ刺身をご飯に入れて、お茶を注いで掻き込んで食べたのが始まりとされています。

魚の臭いを消すための煎りゴマが香ばしく、初ガツオの揚がる3月にかつおめしフェアが開催されて楽しめます。

【提供店一覧】 日南市水産振興対策協議会ブログ 店舗一覧
【店舗分布】 日南市4店舗

14.日南一本釣りカツオ炙り重

日南一本釣りカツオ炙り重出典 http://www.icchaga.net/

一本釣りカツオの水揚げ日本一の日南市にて、2010年5月に登場した新おもてなしグルメ。

新鮮なカツオを七輪などで炙って、重箱のご飯で食べるもの。各店で工夫した特製の漬けダレによる味も特徴のひとつです。

【提供店一覧】 日南一本釣りカツオ料理推進協議会 店舗一覧
【店舗分布】 日南市10店舗

串間市のグルメ

海岸の草原に沢山の馬がのびのび過ごす都井岬を持つ、串間(くしま)市。

15.ぶりプリ丼

ぶりプリ丼出典 https://kushima-city.jp/

白浜青松の海岸線の黒潮で育って串間市で獲れた、新鮮な活〆ブリと旬の野菜を使ったご当地丼。

2013年3月24に提供開始したご当地グルメで、5種類以上の野菜のサラダとブリのあら汁付き。

【提供店一覧】 串間市観光協会サイト 店舗一覧
【店舗分布】 串間市2店舗、宮崎市1店舗

延岡市のグルメ

宮崎県の北部で日向灘に面した漁港を持つ、延岡(のべおか)市。

16.ひむか本サバ

ひむか本サバ出典 http://nobekan.jp/cms/gourmet/

傷みやすいサバを刺身で楽しむことができる、内閣総理大臣賞も受賞したサバのブランド。

天然や人工孵化の稚魚を無投薬で飼育し、出荷前7日以上餌を与えず胃を空にすることで傷みを軽減して肉質を良くするなどの工夫あり。

400g以上に育ったものを神経締めして出荷され、脂の乗りが良くて歯ごたえと味わいの良い刺身が魅力です。

【提供店一覧】 延岡観光協会サイト ひむか本サバ店舗一覧
【店舗分布】 延岡市11店舗

筆者のおすすめ

日本一の鶏消費量と言われる宮崎県だけあって、鶏料理の多さが魅力。特に「地鶏炭火焼」は焦がしの香りが豊かに香って食欲そそる一品で、ビールなどのお酒とともにオススメできる料理です。あとは、見た目的に美味しくなさそうな「冷汁」も食べてみると美味しいので、食わず嫌いをせずトライして欲しい郷土料理です。

まとめ

今回は急ぎで県内全域と県南部を中心に16個を紹介しましたが、他にも色々なグルメがあります。マンゴーなどデザート系メニューを追記していきたいです。

以上、宮崎県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2017年10月29日 更新日:2017年11月15日)