とり天

九州の北東に位置する大分県。どのようなご当地グルメがあるかご存知でしょうか?

全国チェーンのファミレス「ジョイフル」の定番メニュー「とり天定食」も大分県の郷土食。湯布院の乳製品スイーツなども魅力的です。

今回は大分県のご当地グルメを紹介していきます。

大分県全域のグルメ

01.とり天

とり天写真 とり天発祥店と言われる別府市「東洋軒」のとり天

鶏をから揚げではなく天ぷらとして揚げた「とり天」は、大分県民が好む県民食。

店によって鶏肉の部位や衣の配合が異なり、鶏モモ肉に小麦粉や片栗粉の衣で揚げるなどの方法で作られます。

東洋軒の創業者が中華料理をもとに考案したメニューと言われていますが、発祥店は諸説あり。

02.だんご汁

だんご汁写真 由布院駅近くの定食屋さんでとり天とセットのだんご汁

いりこ等のダシで味噌仕立てにした汁に、団子状や平たい麺状にした小麦粉を入れた料理。

ゴボウ、ニンジン、豚肉などを入れた、とん汁に近い汁物です。

平地が少ないことから米よりも麦の栽培に向いていたことから、小麦を使用した料理として重宝された郷土料理です。

別府市のグルメ

03.地獄蒸しプリン

地獄蒸しプリン写真 別府地獄めぐりの海地獄に併設された売店の地獄蒸しプリン

豊富な温泉が織りなす7つの地獄をめぐる「別府の地獄めぐり」は別府の代表観光スポット。

その温泉熱を利用して蒸しあげた「地獄蒸しプリン」が名物で、数店舗で提供されています。

カラメルソースにもこだわったお店もあります。

04.豊後水道の海鮮料理

マグロステーキ写真 津久見の海沿い「浜茶屋」で桜島溶岩板のマグロステーキ

大分と愛媛を結ぶ水深の浅い「豊後水道」は太平洋と瀬戸内海が混ざり合うことで、栄養豊富な魚の宝庫となっています。

日豊海岸ではマグロ、アジ、ブリ、カンパチなどが採れて、海鮮丼や寿司などで楽しむことができます。

由布市のグルメ

05.由布院スイーツ

湯布院スイーツ写真 みどり牛乳本社工場の売店で購入した湯布院牛乳プリン

由布院駅から伸びる湯の坪街道には、オシャレなお店が絶え間なく立ち並ぶ観光通りとして観光客でにぎわいます。

特に店内飲食から持ち帰りまで甘味のお店が沢山あり、ロールケーキ、シュークリーム、プリンなどの乳製品が豊富です。

バウムクーヘン、どら焼き、せんべいなどもあって、食べ歩きが楽しいエリアです。

日田市のグルメ

06.日田ラーメン

日田ラーメン写真 日田やきそばも扱う日田市「来々軒」の日田ラーメン

とんこつラーメン文化の強い九州において大分も例外ではなく、日田市にもとんこつラーメン店が多く存在します。

福岡県の博多ラーメンに近い、白濁とんこつスープに細麺でキクラゲをトッピング。

日田ラーメンは塩気が強い傾向にあります。

中津市のグルメ

07.うなぎ

うなぎ写真 中津駅近くにある「割烹やまだ」のうな丼を和室で堪能

中津ではウナギやハモが名物で、通年楽しめる高級なグルメとして割烹料理店をはじめとして提供店が多いです。

福沢諭吉も通ったとされる、創業320年超「割烹やまだ」など歴史の深いお店もあります。

まとめ

大分県内で広く提供されている「とり天」を筆頭に、郷土あふれる食事から乳製品のスイーツまで幅広い大分県のグルメ。

以上、大分県全般のご当地グルメ特集でした。