しらす丼

坂本龍馬の桂浜など日本海に沿って広がる高知県には、豊富な海の幸を用いたご当地グルメが多く存在します。

定番のカツオは「鰹のタタキ」という食べ方が有名で、他にもかつおめしなど魚を活用したグルメを楽しむことができます。

今回は高知県のご当地グルメを紹介していきます。

高知県全域のグルメ

01.鰹のタタキ

鰹のタタキ写真 高知市のくろめ市場でかつおのたたき定食を購入

ウロコを削ぎ落とした皮付きのカツオの表面を炎で炙り、冷やした後で刺身のように切って提供される料理。高知では土佐造りとも呼ばれます。

燻製のような香りが付き、水分が少し飛ぶことでモチモチとした食感で楽しむことができ、おろしたニンニクや生姜を添えて食べるのが一般的。

諸説ありますが、古くは鰹の生食を禁じて食中毒防止のために表面を焼いたのが由来です。

02.鰹めし

鰹めし写真 高知市のくろめ市場で鰹のタタキ定食のかつおめし

細かくほぐした鰹の身を醤油などで味付けしたものを炊いたご飯の上に乗せて混ぜ込んだ、炊き込みご飯のような見た目の「かつおめし」。

白ゴマと刻み青ネギなどを乗せて食べるだけでなく、おにぎりとして食べることも。鰹の香ばしさを楽しめます。

レトルトタイプで販売もされておりお土産として購入することもできます。

03.鰹の酒盗(しゅとう)

酒盗(しゅとう)出典 http://kochi-marugoto.com/

カツオの内臓(はらわた)の塩辛。塩、酒、みりんなどに漬け込んで熟成させたものです。

お酒が進む肴として「酒を盗んででも食べたくなる」のが名前の由来で、土佐藩の12代藩主の山内豊資が名付けたとも言われます。

現在では全国的にマグロや鮭でも酒盗が作られますが、高知では酒盗といえば鰹です。

04.皿鉢料理

皿鉢料理出典 http://tosabushi.com/

36~90cmの大皿を主に使用し、高知の郷土料理を盛り付けた皿鉢(さわち)料理。

古くは収穫祭や神事、現在ではお正月や宴席で振舞われます。

種類豊富な素材で中央を高く盛った「組み皿鉢」を筆頭に、鰹などの刺身を大量に盛り付けた「造里皿鉢」など盛り付けの美しさも魅力です。

05.アイスクリン

アイスクリン写真 高知市の不思議な店名「1×1=1」のアイスクリン

卵、砂糖、脱脂粉乳で作られる、乳脂肪分3%以下のあっさりとしたアイスクリーム。

脂肪分が少なくシャーベット状の食感。色々なフレーバーがあり、バナナ味が主流です。

1869年に横浜で「あいすくりん」の名で販売されたのが始まり。古くは全国的に販売されたものの、今は高知や沖縄に根強く残る名物です。

土佐清水市のグルメ

06.土佐の清水サバ

しらす出典 http://kochi-marugoto.com/

潮の流れが速くて餌が豊富な足摺の近海では身の締まったサバがよく採れ、その中でも土佐清水港に水揚げされるゴマサバが有名。

脂が乗る秋から冬が旬で、締めてから数時間後の食べ頃に生の刺身で食べられるのが売り。

他のゴマサバと差別化するために「土佐の清水サバ」としてブランド化。針が沢山付いた手ぐすで釣る「立縄漁法」で漁獲されます。

安芸市のグルメ

07.しらす、どろめ

しらす写真 安芸の野良時計の古民家「高園茶屋」のしらす丼

高知県もしらすの名産地のひとつで、特に安芸市にて加工販売や飲食店提供が多いです。

しらす工場見学のできる安芸水産にて3.5tの大鍋で釜揚げされます。

また、釜ゆでせずに生しらすとして食べる「どろめ」も高知名物。イワシの稚魚を高知の方言でどろめと呼ぶのが名前の由来です。

須崎市のグルメ

08.鍋焼きラーメン

鍋焼きラーメン写真 須崎「まゆみの店」で〆の雑炊も楽しめる鍋焼きラーメン

野菜や親鳥の鶏ガラを使用した醤油ベースのスープで、細麺ストレートの麺を土鍋で煮込んだ須崎鍋焼きラーメン。

スープが沸騰した状態で提供されるのが特徴で、親鳥の肉、ねぎ、ちくわなどの具が乗ります。

戦後の須崎市内で谷口食堂が考案したと言われ、2002年頃から須崎の名物料理化。

まとめ

カツオはタタキだけでなく鰹めし、酒盗、皿鉢料理にも使用される高知県を代表する味覚。
しらす、ゴマサバといった魚介類もありますし、鍋焼きラーメンのようにちくわを使用するなど県全域で魚を楽しめる土地柄です。

以上、高知県全般のご当地グルメ特集でした。