しらす丼

金刀比羅宮や善通寺など四国霊場の参拝として名高い香川県ですが、どのようなグルメがあるでしょうか?

うどんばかりに目が向けられていますが、瀬戸内海に面した港町で天然や養殖の魚を楽しめるだけでなく小豆島の醤油やオリーブなどの名産も。

今回は香川県のご当地グルメを紹介していきます。

香川県全域のグルメ

01.讃岐うどん(かけ)

讃岐うどん(かけ)写真 観音寺駅近く「大和家」でちくわトッピングのかけうどん

県全域で提供される香川県を代表するグルメ、讃岐うどん。イリコを主としてとった関西風ダシにコシが強くて太いうどんが特徴です。

一番ポピュラーな食べ方として地元民も食べるのが、かけうどん。

たっぷりの温かいダシ汁にうどんと各種具材が乗り、旨みある汁をしっかり楽しめます。

02.讃岐うどん(ぶっかけ)

讃岐うどん(ぶっかけ)写真 高松市街で早朝営業セルフ式「さか枝」のぶっかけうどん

讃岐うどんならではの食べ方として、かけうどんより濃いダシ汁をうどんに直接かけて食べる「ぶっかけ」という食べ方も定番のひとつ。

茹でた後に冷水で締めたうどんで、冷たい汁をかけるタイプと温かい汁をかけるタイプそれぞれあります。

03.讃岐うどん(釜揚げ)

讃岐うどん(釜揚げ)写真 栗林公園近く「上原屋本店」で名物の釜揚げうどん

茹でた麺を冷水で締めずにお湯の入った器に入れたまま提供され、つけ汁につけて食べる方法。

ざるうどんを温かくしたタイプの食べ方で、茹で釜から引き揚げた麺をそのまま提供することが名前の由来となっています。

麺を締めないことでモチモチとしたうどんの食感を楽しめます。

04.讃岐うどん(カレー)

讃岐うどん(カレー)写真 高松市街「鶴丸」で看板メニューの濃厚なカレーうどん

コシの強さといりこダシの旨さが特徴の讃岐うどんですが、お店によっては一般的なカレーうどんを用意しているところもあります。

トロッとした汁もあればサラッとした汁もあり、関西で定番の青ねぎトッピングや揚げ玉トッピングを楽しめるお店もあります。

05.しょうゆ豆

しょうゆ豆写真 香川県のサービスエリアでも売られているしょうゆ豆

乾燥したそら豆を炒った後に、醤油やみりんなどで調合したタレに一晩ほど漬けて作る料理。

大きさや色は黒豆のように見えますが、甘さは控えめで醤油による塩気と香りを楽しめます。

06.あん餅雑煮

あん餅雑煮出典 http://www.pref.kagawa.jp/

いりこダシに白味噌で仕立てた味噌汁に、餡の入った丸餅と野菜類を入れた郷土料理。正月におせちと一緒に食べる讃岐ならではの雑煮です。

餅に使用するは小豆餡は砂糖などで味付け。具材は大根とニンジンが定番ですが、里芋、ごぼう、油揚げなどを用いることもあります。

青のりや青ネギを上に乗せて完成。基本は正月料理ですが、通年提供する飲食店もあります。

[提供店一覧] 個人ブログ 提供店5選
[店舗分布] 高松市内など数店舗

07.讃岐牛、オリーブ牛

讃岐牛、オリーブ牛出典 https://www.kensanpin.org/

香川県で飼育された血統明確な黒毛和種で、肉質など一定基準を満たした讃岐牛。

温暖な気候風土において約30か月かけて、霜降り肉になるよう育てられます。最近ではオリーブを飼料として与えて育てたオリーブ牛も。

全国的にも歴史の古い讃岐牛は、明治15年頃に小豆島で肥育をしたのが始まりと言われます。

高松市のグルメ

四国でも特に大きな都市、高松市。

08.ハマチ、オリーブハマチ

ハマチ、オリーブハマチ出典 https://pilgrim-shikoku.net/

1928年に世界初のハマチ養殖の事業化を成功させた香川県では、養殖ハマチとさらに成長させた養殖ブリを出す飲食店があります。

さらに、2008年から香川県産のオリーブの葉を混合した飼料で養殖したハマチを「オリーブハマチ」としてブランド化。

オリーブハマチの一大産地は高松市にある港町の庵治町(あじちょう)。炙り丼や漬け丼などで楽しむことができます。

小豆島のグルメ

瀬戸内海に浮かぶ大きな島、小豆島(しょうどしま)。

09.醤油、佃煮

醤油、佃煮写真 小豆島「タケサン醤油」の蔵で購入した醤油揚げせんべい

全国的に醤油の生産量が多い、香川県の小豆島。

小豆島にはたくさんの醤油蔵が並び、醤の郷では醤油の香りがただよいます。木桶仕込みが今でも続く歴史ある醤油醸造の街です。

戦後の食糧難を支えたともいわれる小豆島の佃煮も名物。醤油を使用した佃煮の工場もあり、お土産や飲食店で楽しむことができます。

10.オリーブ

オリーブ写真 小豆島の「小豆島オリーブ園」で試食のオリーブチョコレート

日本のオリーブ栽培の発祥地として、100年以上の歴史を持つ小豆島。国産オリーブオイルの一大生産地として栽培、加工が行われています。

オリーブの実はピクルスなどにも加工でき、小豆島では塩水に付け込んだ浅漬け風の「新漬けオリーブ」も人気のお土産に。

小豆島オリーブ園などオリーブの実のなる木は観光スポットにもなっています。

まとめ

ひとくちに「うどん」と言っても、いろいろな食べ方がありそれぞれで発祥店が異なるなどバリエーション豊富な讃岐うどん。
瀬戸内海の魚としてハマチ養殖を筆頭に魚介類を楽しめて、一方で讃岐牛など畜産もしっかり用意されています。

以上、香川県全般のご当地グルメ特集でした。