しらす丼

金刀比羅宮や善通寺など四国霊場の参拝として名高い香川県ですが、どのようなグルメがあるでしょうか?

うどんばかりに目が向けられていますが、瀬戸内海に面した港町で天然や養殖の魚を楽しめるだけでなく小豆島の醤油やオリーブなどの名産も。

今回は香川県のご当地グルメを紹介していきます。

香川県全域のグルメ

01.讃岐うどん(かけ)

讃岐うどん(かけ)
写真 観音寺駅近く「大和家」でちくわトッピングのかけうどん

県全域で提供される香川県を代表するグルメ、讃岐うどん。イリコを主としてとった関西風ダシにコシが強くて太いうどんが特徴です。

一番ポピュラーな食べ方として地元民も食べるのが、かけうどん。

たっぷりの温かいダシ汁にうどんと各種具材が乗り、旨みある汁をしっかり楽しめます。

02.骨付き鳥

骨付き鳥
写真 高松の居酒屋「鳥長」で親の骨付き鳥をハサミで切って食べる

鶏肉を骨付き1本まるごと焼きあげた、香川県定番の鳥料理「骨付き鳥」。キャベツ添えで出てくることが多いです。

調理法はお店にもよりますが、オーブン釜などでふっくら焼き上げてニンニクやスパイスで味付けするのが定番。パリッとした皮も特徴のひとつです。

硬い歯ごたえで噛むたびに味わい深い「親どり」と、柔らかい肉質でジューシーな「若どり」の2種類を用意するお店が一般的。親どりはカット用のハサミを用意してくれるお店も。

骨付き鳥の提供店では、鶏のサイドメニューを用意しているお店もありランチのセットも魅力。とりめし、とり皮酢、鳥ガラスープ、など充実しています。

1950年代に丸亀市の飲食店でフライドチキンをヒントに考案したメニューだそうで、現在は丸亀市や高松市など県内で広く提供されています。

03.あん餅雑煮

あん餅雑煮
写真 屋島の展望地にある「桃太郎茶屋」で温かいあん餅雑煮

いりこダシに白味噌で仕立てた味噌汁に、餡の入った丸餅と野菜類を入れた郷土料理。正月におせちと一緒に食べる讃岐ならではの雑煮です。

餅に使用する小豆餡は砂糖などで味付け。具材は大根とニンジンが定番ですが、里芋、ごぼう、油揚げなどを用いることもあります。

青のりや青ネギを上に乗せて完成。基本は正月料理ですが、通年提供する飲食店もあります。

[提供店一覧] 個人ブログ 提供店5選
[店舗分布] 高松市内など数店舗

04.たこ判

たこ判
写真 三豊市で元祖の代表店「たこ判小前」で定番の卵たこ判

たこ焼きで用いられる具材を、大判焼き(今川焼)の型で焼いたスローフード。溶いた小麦粉の液にタコを入れて両面焼き上げる、たこ焼きの見た目で大きいサイズが特徴です。

お店にもよりますが刻みキャベツを入れるので、たこ焼きというよりはお好み焼きに近い味といえます。ソースを塗って食べるもので、好みでマヨネーズを付けて食べるのもあり。

発祥店とされているのが、三豊市にある「たこ判小前」。食べ盛りの学生のお腹を満たすために考案したメニューとして、学生から支持を得て広がったものだそうです。

発祥店以外にも香川県にいくつかお店が点在しています。

05.しょうゆ豆

しょうゆ豆
写真 屋島「桃太郎茶屋」であん餅雑煮に付くしょうゆ豆

乾燥したそら豆を炒った後に、醤油やみりんなどで調合したタレに一晩ほど漬けて作る料理。

大きさや色は黒豆のように見えますが、甘さは控えめで醤油による塩気と香りを楽しめます。

06.和三盆スイーツ

和三盆スイーツ
写真 こんぴら参道「一三堂」でおいり付き和三盆バニラソフト

主に香川県や徳島県で古くから生産されている砂糖「和三盆」は、特に高級和菓子に使用されることが多い高級砂糖。最近では観光地の甘味などスイーツグルメでも楽しめます。

徳島県の「阿波和三盆糖」と香川県の「讃岐和三盆糖」があり、淡い黄色の細かい粒は口溶けが良くてまろやかで上品な味わいの砂糖です。

江戸時代に徳川吉宗が推奨したサトウキビの栽培に対して、高松藩が賛同して栽培をはじめた上で精糖方法も確立。盆の上で砂糖を三度研ぐ製法が名前の由来です。

香川県の有名観光地の栗林公園や金刀比羅宮の参道では、カラフルな菓子「おいり」を沢山くっつけた和三盆ソフトクリームが人気です。

07.讃岐牛、オリーブ牛

讃岐牛、オリーブ牛
出典 https://www.kensanpin.org/

香川県で飼育された血統明確な黒毛和種で、肉質など一定基準を満たした讃岐牛。

温暖な気候風土において約30か月かけて、霜降り肉になるよう育てられます。最近ではオリーブを飼料として与えて育てたオリーブ牛も。

全国的にも歴史の古い讃岐牛は、明治15年頃に小豆島で肥育をしたのが始まりと言われます。

08.讃岐コーチン、オリーブ地鶏

オリーブ地鶏
写真 高松の居酒屋「鳥長」でオリーブ地鶏ダシの鳥茶漬け

香川県は種鶏の生産が盛んなこともあって肉用鶏の改良が進められ、平成5年に中国原産のコーチンをもとに誕生したのが「讃岐コーチン」。

ブロイラーより長い期間じっくり飼育し、適度な歯ごたえ、豊かなコク、低脂肪で栄養豊富な肉質に仕上がります。

また、オリーブを飼料に加えて鶏に与えて飼育した「オリーブ地鶏」もあり、ブランド化として「瀬戸赤どり」として提供されることも。

09.讃岐うどん(ぶっかけ)

讃岐うどん(ぶっかけ)
写真 高松市街で早朝営業セルフ式「さか枝」のぶっかけうどん

讃岐うどんならではの食べ方として、かけうどんより濃いダシ汁をうどんに直接かけて食べる「ぶっかけ」という食べ方も定番のひとつ。

茹でた後に冷水で締めたうどんで、冷たい汁をかけるタイプと温かい汁をかけるタイプそれぞれあります。

10.讃岐うどん(釜揚げ)

讃岐うどん(釜揚げ)
写真 栗林公園近く「上原屋本店」で名物の釜揚げうどん

茹でた麺を冷水で締めずにお湯の入った器に入れたまま提供され、つけ汁につけて食べる方法。

ざるうどんを温かくしたタイプの食べ方で、茹で釜から引き揚げた麺をそのまま提供することが名前の由来となっています。

麺を締めないことでモチモチとしたうどんの食感を楽しめます。

11.讃岐うどん(カレー)

讃岐うどん(カレー)
写真 高松市街「鶴丸」で看板メニューの濃厚なカレーうどん

コシの強さといりこダシの旨さが特徴の讃岐うどんですが、お店によっては一般的なカレーうどんを用意しているところもあります。

トロッとした汁もあればサラッとした汁もあり、関西で定番の青ねぎトッピングや揚げ玉トッピングを楽しめるお店もあります。

12.しっぽくうどん

しっぽくうどん
写真 琴平で細切り麺のうどん屋「おがわうどん」のしっぽくうどん

数種類の季節の野菜を汁とともに煮込んだ、具材豊富なかけうどん。大根、にんじん、油あげ、ねぎ、里芋、しめじ、などの具材が入ります。

讃岐の冬の名物として、秋から冬にかけて寒い時期によく食べる郷土料理。年越しそばの代わりに食べる家庭もあるとか。

卓袱(しっぽく)とは食卓の意味。大皿に豊富な具材を盛り付けて豪華な食卓にした長崎県の卓袱料理が由来とされ、卓袱料理のうどんが香川に伝わったと言われます。

高松市のグルメ

四国でも特に大きな都市、高松市。

13.ハマチ、オリーブハマチ

ハマチ、オリーブハマチ
出典 https://pilgrim-shikoku.net/

1928年に世界初のハマチ養殖の事業化を成功させた香川県では、養殖ハマチとさらに成長させた養殖ブリを出す飲食店があります。

さらに、2008年から香川県産のオリーブの葉を混合した飼料で養殖したハマチを「オリーブハマチ」としてブランド化。

オリーブハマチの一大産地は高松市にある港町の庵治町(あじちょう)。炙り丼や漬け丼などで楽しむことができます。

坂出市のグルメ

瀬戸大橋が掛かる海の街で、工場が立ち並ぶ工業の盛んな坂出(さかいで)市。

14.ぴっぴ飯

ぴっぴ飯
写真 坂出の居酒屋「あつし亭」でボリュームある坂出ぴっぴ飯

白ご飯に刻んだうどんを混ぜて炒めた、焼きめしタイプの家庭料理。さぬきうどんのダシでも使用される「いりこダシ」で味付けし、少し汁気のある出来上がりが特徴。

具材は店により異なりますが、刻んだたくあんが入るのが定番。もやし、玉子などが用いられ、青ネギ、刻み海苔、かつお節、福神漬けなどが添えられます。

ぴっぴ、というのは香川県の方言でいわゆる幼児語。製麺所が多い坂出市において、昭和期に冷蔵庫の余りものを使用して作られていた料理とされています。

[提供店一覧] 坂出市観光協会 提供店情報
[店舗分布] 坂出市に4店舗、東京新宿区にも1店舗

多度津町のグルメ

海沿いで坂出や丸亀などの都市にも近く、四国の鉄道発祥地として乗り換えの要所にもなっている多度津(たどつ)町。

15.鍋ホルうどん

鍋ホルうどん
写真 チェーン店「ひろ濱うどん」多度津店限定の鍋ホルうどん

醤油ベースのダシにホルモンと野菜を入れてしっかり煮込んだ、ご当地のかけうどん。赤味噌のようにも感じられる味わいは、ニンニクやたまり醤油を使用したもの。

キャベツ、ネギ、タマネギ、ニラなどを主体とした野菜にしっかり熱が通り、さぬき系のコシのある太いうどんが入った熱々の汁が特徴。

JR四国工場の前身となる旧国鉄の多度津車両工場の労働者を相手にして、肉屋さんが考案して提供した鍋ホルモンが由来。

鍋の〆にうどんを入れた当時のメニューが人気で、その鍋ホルモンのうどんをご当地グルメとして復刻したのが当メニューです。

[提供店一覧] 鍋ホルうどん特設サイト 提供店一覧
[店舗分布] 多度津町に3店舗

小豆島のグルメ

瀬戸内海に浮かぶ大きな島、小豆島(しょうどしま)。

16.醤油、佃煮

醤油、佃煮
写真 小豆島「タケサン醤油」の蔵で購入した醤油揚げせんべい

全国的に醤油の生産量が多い、香川県の小豆島。

小豆島にはたくさんの醤油蔵が並び、醤の郷では醤油の香りがただよいます。木桶仕込みが今でも続く歴史ある醤油醸造の街です。

戦後の食糧難を支えたともいわれる小豆島の佃煮も名物。醤油を使用した佃煮の工場もあり、お土産や飲食店で楽しむことができます。

17.オリーブ

オリーブ
写真 小豆島の「小豆島オリーブ園」で試食のオリーブチョコレート

日本のオリーブ栽培の発祥地として、100年以上の歴史を持つ小豆島。国産オリーブオイルの一大生産地として栽培、加工が行われています。

オリーブの実はピクルスなどにも加工でき、小豆島では塩水に付け込んだ浅漬け風の「新漬けオリーブ」も人気のお土産に。

小豆島オリーブ園などオリーブの実のなる木は観光スポットにもなっています。

まとめ

ひとくちに「うどん」と言っても、いろいろな食べ方がありそれぞれで発祥店が異なるなどバリエーション豊富な讃岐うどん。
瀬戸内海の魚としてハマチ養殖を筆頭に魚介類を楽しめて、一方で讃岐牛など畜産もしっかり用意されています。

以上、香川県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年7月22日 更新日:2018年11月30日)