しらす丼

福山の鞆の浦、歴史ある尾道、厳島神社の宮島などを有する広島県。どのようなグルメがあるでしょうか?

瀬戸内海に面した広島県では牡蠣(カキ)の養殖を筆頭に、海の幸が豊富。他にもお好み焼きなど定番グルメが沢山あります。

今回は広島県のご当地グルメを紹介していきます。

広島県全域のグルメ

01.広島風お好み焼き

広島風お好み焼き写真 竹原の街並みに佇む「ほり川」で海鮮入りのお好み焼き

大阪風の混ぜ焼きではなく、生地と具を別々に重ね焼きするのが特徴の広島風お好み焼き。

水溶き小麦粉をクレープ状に焼いた生地の上に、細かく刻んだキャベツともやしを筆頭に野菜や肉の具材を乗せて焼きます。

中華麺を加えたモダン焼きタイプで提供するお店が多いのも特徴です。

02.シャコ

シャコ写真 福山市街の居酒屋「たんと」で焼き物のシャコ炙り焼き

全国的に生息するシャコですが、隣県の岡山でもばら寿司の具材にするなど瀬戸内海のシャコは山陽地方の定番食材のひとつです。

茹でたシャコは寿司ネタの定番。塩茹で、焼き、唐揚げなどで楽しむことができます。

03.広島和牛

広島和牛写真 バーベキュー可能な「三次ワイナリー」の広島和牛

千年以上前から日本三大牛市場のひとつとして賑わった広島県。全国和牛能力共進会で優勝するなど実績もあります。

稲わらなどの飼料で育てた広島和牛は「広島牛」「元就」「比婆牛」「神石牛」と地域別に4つのブランドを確立。

美しい霜降りで柔らかい舌ざわり、上品な香りと旨みあるコクが特徴です。

04.広島カキ

広島カキ写真 宮島で窓口販売の行列もにぎわう「とりい」の焼き牡蠣

牡蠣の生産量全国1位を誇る広島県。宮城県を大きく引き離して50%以上のシェアを誇ります。

1500年代から始まったと言われる広島の牡蠣養殖。宮島など県西部での養殖が盛んな一方で、県央部や県東部でも養殖が行われています。

秋冬が旬のマガキが養殖されており、広島かきとして商標登録もされたブランド。殻が小さく身が大きくて濃厚な味が特徴です。

広島市のグルメ

05.広島つけ麺

広島つけ麺写真 広島市街「流行屋」で清涼感ある具材の広島つけ麺

中華麺や具材をつけダレにつけて食べる、広島市を中心に提供される独自のつけ麺。1954年の広島市創業「新華園」が発祥店と言われます。

具材はゆで卵やチャーシューだけでなく、定番の茹でキャベツを筆頭に野菜類が豊富。

つけダレは激辛寄りの辛さが特徴で、醤油ベースで唐辛子やラー油が多く用いられた冷たいもの。白ゴマで汁を覆うお店が多いです。

廿日市市、宮島町のグルメ

06.穴子

穴子写真 宮島の厳島神社近く「とりい」で名物の穴子めし重

江戸時代から穴子の産地として名高い宮島。

牡蠣が排出する泥の堆積地に生息することから、牡蠣とともに宮島の名物になっています。

宮島や宮島口では穴子めしが定番グルメとなっており、他にも穴子ちくわなど加工品も売られています。

07.もみじ饅頭、揚げもみじ

もみじ饅頭、揚げもみじ写真 宮島「紅葉堂弐番屋」で3種類の味がある揚げもみじ

広島県の県木「もみじ」を型どって焼き上げた、餡入りの焼きまんじゅう。宮島の名産品ながら広島県全域の土産としての地位を確立。

宮島では店頭で焼き上げる工程をガラス張りで見ることができ、店頭で出来立てを食べられます。

また、最近ではもみじ饅頭を油で揚げた「揚げもみじ」を扱うお店もあり、食べ歩きを楽しむことができます。

東広島市(西条)のグルメ

08.日本酒

日本酒写真 西条駅近く「満天」にて西条名物の日本酒でゆったりと

伏見や灘と並ぶ日本酒の街、西条。白牡丹酒造、賀茂鶴酒造など9つの酒蔵が存在します。

酒造り向きの気候と水の良さで美味しい日本酒が作られており、酒蔵通りに沿って酒造見学でお酒の試飲を楽しめる酒蔵もあります。

付近の居酒屋でも各酒蔵の日本酒があり、地元のお酒を楽しめます。

09.びしょ鍋、美酒鍋

びしょ鍋、美酒鍋写真 西条駅近く「満天」で日本酒の香る美酒鍋を1人前で堪能

酒蔵の多い西条の名物、日本酒で作る鍋。肉類と野菜を具材として、日本酒と塩コショウだけで味付けして煮込みます。

現在は美酒鍋(びしゅなべ)と呼ばれますが、酒蔵の若い蔵人のことを「びしょ」と呼ぶことから、びしょ鍋とも呼ばれています。

古くは終戦直後に入手しやすかった鶏の内臓を使った料理として考案。鉄板で調理されることもあり、煮込みによりアルコール分は飛びます。

呉市のグルメ

10.海自カレー

海自カレー写真 呉のビアホール「海軍さんの麦酒舘」の海軍カレー

海上自衛隊は艦内で曜日を忘れないよう、毎週金曜日の昼にカレーを食べる文化があります。

隊員の健康も考慮した調理員によるカレーは、海上自衛隊の呉基地の艦艇等で食べられています。

そのカレーのレシピを調理員から呉市内の各飲食店に伝え、各店アレンジもあり一般人も食べられる呉のご当地グルメのひとつとなっています。

[提供店一覧] 呉海自カレー公式 店舗一覧
[店舗分布] 市内29店舗

11.呉冷麺

呉冷麺写真 呉のアーケード街「珍来軒」発祥の呉冷麺ですっきりと

関西で冷麺というと冷やし中華を指すことが多く、特に呉では夏だけでなく通年提供の中華食堂もある呉冷麺が名物です。

特徴は柔らかい平打ち麺を使用する点。キュウリ、ゆで卵、チャーシュー、小エビをトッピングするのが一般的です。

鶏などでとるダシの冷たいスープは酸味があり、お好みで卓上のお酢をかけて食べます。

三原市のグルメ

12.タコ料理

タコ料理写真 三原の「さかなや道場」三原駅前店のたこねぎ塩炒め

三原は瀬戸内海でも有数のマダコの産地で江戸時代からタコ漁が行われてきました。

潮の流れの速さゆえ引き締まった歯応えが特徴で、三原で獲れるタコを「三原やっさタコ」としてブランド化。

三原ではタコの足を揚げた「タコ天」が代表グルメで、ご飯とタコを炊き込んだ「タコ飯」も定番の食べ方です。

13.クリームぱん

クリームぱん写真 三原駅近く「八天堂」三原港町本店のクリームパン

最近では駅ナカなどの露店販売が目立つ包み紙式のクリームパンですが、元祖は昭和8年創業で三原駅近くに店を構える八天堂です。

究極に美味しいクリームパンの追求に3年ほど費やし、飽きが来ずあっさりとした味を実現。

カスタード、小倉、抹茶、チョコレートなどのフレーバーで要冷蔵。本店も朝に行列する人気のクリームパンです。

尾道市のグルメ

14.尾道ラーメン

尾道ラーメン写真 尾道市街「壱番館」の半テラス席で尾道ラーメンを堪能

1947年創業の朱華園が発祥とされ、醤油ベースのスープに平打ち麺が特徴の中華そば。

背脂を乗せるお店が多く、チャーシュー、メンマ、青ネギトッピングの具材が定番です。

1990年代からは鶏ガラを加えてストレート麺で提供するお店も増えてきています。

福山市、鞆の浦のグルメ

15.うずみ

うずみ写真 福山市街の居酒屋「たんと」で海鮮具材が底にあるうずみ

昆布ダシに醤油で味の付いた汁に、小さく切ったエビ、豆腐、野菜類などが入ってご飯が乗った、お茶漬け感覚となる福山の郷土料理。

具材をご飯の下にうずめたことから命名。江戸時代の倹約令で贅沢品を公然と口にできない庶民が具を隠しながら食べたのが由来と言われます。

近年では福山の鯛を具材にした福山鯛うずみや、かき氷の下に果物を入れた氷うずみなども。

[提供店一覧] 福山食ブランド創出市民会議 福山うずみごはんマップ
[店舗分布] 市内50店舗

16.鯛料理

鯛料理写真 呉線の安芸幸崎の造船保養所「浮城」にて刺身の鯛

瀬戸内海に多い真鯛(まだい)は広島県の味覚。

特に福山市の「鞆の浦」では、380年ほど前から伝統的に行われている「鯛網漁」が毎年5月から行われ、夏場には観光鯛網イベントもあります。

鞆の浦には鯛料理を提供するお店も多く、定番の鯛めしや鯛そうめんなどの郷土料理だけでなく鯛塩ラーメンといった食べ方も楽しめます。

17.保命酒

保命酒写真 鞆の浦の裏路地「岡本亀太郎本店」で購入した保命酒

瀬戸内の養命酒とも言われる、生薬を含む福山市名産のお酒(リキュール)。

みりんの製造法を基礎として、もち米、米麹、焼酎で作る原酒に生薬を浸して完成。医薬品ではないものの、冷え性などに効果があるとのこと。

もとは大阪の医師が考案したものの製造法を非公開のまま廃業。現在では類似品として明治時代から作り始めた老舗など4社が製造しています。

まとめ

シャコ、カキ、穴子、タコ、鯛、など瀬戸内海の幸が豊富な広島県。
尾道ラーメンのようなベーシックな中華そばから、広島つけ麺や呉冷麺などいろいろな麺料理を楽しめるのも魅力。

個人的には日本酒を使用した鍋「美酒鍋」は顔が火照る感覚がたまらなくオススメです。

以上、広島県全般のご当地グルメ特集でした。