牛骨ラーメン

近畿地方の和歌山県。どのようなグルメがあるかご存知でしょうか?

黒潮の海に面した南紀ではマグロやカツオが揚がり、魚や海産物を利用した郷土料理も豊富。

一方で和歌山ラーメンとも言われる中華そばのお店が和歌山市にいくつもあります。

今回は、和歌山県のご当地グルメを紹介していきます。

和歌山県全域のグルメ

01.和歌山中華そば

和歌山中華そば写真 和歌山市街「まる京」でナルトが目立つ和歌山中華そば

黄色い中細ストレート麺にピンクのかまぼこやナルトが乗った、醤油ラーメン。

白濁気味の豚骨と醤油を合わせたスープで、俗に「車庫前系」と呼ばれる醤油強めのタイプと「井出系」と称される豚骨強めのタイプがあり。

有田の醤油製造が古くから盛んで、戦前から戦後にかけてラーメン屋台が並んだ歴史あり。東京に出店した「まっち棒」を皮切りに全国区へ。

02.早寿司

早寿司写真 和歌山市街「まる京」で中華そばに添える鯖の早寿司

和歌山中華そば店のサイドメニューとして、中華そばを食べる前にいただく定番の鯖寿司。

紀州で発酵させて長期保存する押し寿司「なれずし」に対して、発酵させず早く食べることから「早ずし」と呼ばれるとか。

古くはアセの葉で巻いた押し寿司で、現在はプラスチック製の葉で巻かれて提供されます。

03.しらす丼

しらす丼写真 醤油名産地の湯浅の蔵町にある寿司屋「松由」のしらす丼

いわし等の稚魚「しらす」を生や釜揚げで丼にした、しらす丼。主に和歌山県北部で多く採れ、加太や湯浅などにお店が多いです。

特に紀州の梅を乗せて提供するお店も多く、醤油発祥地とされる湯浅で醸造された醤油をお好みでかけて食べるのが定番です。

04.鱧(はも)

鱧カツ丼写真 下津の国道沿いレストラン「一木」で夏限定の鱧カツ丼

京都の夏の定番とも言われるハモですが、和歌山北部の紀伊水道が漁獲地のひとつです。

和歌山では庶民の味としてリーズナブルで、淡泊な初夏と脂が乗った初秋の名物です。

特にハモ湯引きやハモ落としが定番で、紀州の梅を用いた梅肉ソースで味付けするのが特徴。鱧カツ丼や海南ハモカツバーガーなどもあります。

05.金山寺味噌ラーメン

金山寺味噌ラーメン写真 和歌山駅のMIO地下1階「香来」の金山寺味噌ラーメン

和歌山県などで生産される、おかずや酒の肴として食べる「なめ味噌」に分類される味噌。大豆、米、麦、野菜などで短い熟成期間が特徴。

最近では味噌ラーメンに応用するお店が登場し、新たなグルメになりつつあります。

もとは中国から持ち帰り、醤油蔵としても有名な湯浅で作り始めたのが由来。(諸説あり)

有田市のグルメ

06.太刀魚(たちうお)

太刀魚写真 有田の国道沿い「寿の鈴なり館」で太刀魚の刺身を堪能

紀伊水道の沖合を漁場として全国屈指の漁獲量を誇る和歌山県。特に箕島漁港を持つ有田市は漁獲量全国トップを誇ります。

様々な太刀魚料理を提供するお店が多く、刺身、焼き、押し寿司、天ぷら、フライなど。かば焼きやしゃぶしゃぶまであります。

細長い身で銀色に光り、ウロコが無いぶんグアニン質による硬い皮が特徴のひとつです。

【提供店一覧】 わかやま観光情報 代表店5選
【店舗分布】 有田市を中心に提供店多数

07.たっちょほねく丼

たっちょほねく丼写真 初島の工場地帯にある「深川食堂」で卵のたっちょほねく丼

太刀魚のすり身揚げを用いた、有田市のご当地丼。かき揚げ、玉子とじ、あんかけ、など各提供店オリジナルのレシピで提供されます。

全国丼コンテストのご当地丼部門で食事処「しんまち」が金賞を取ったものです。

有田の方言で太刀魚を「たっちょ」と呼び、太刀魚のすり身揚げを「ほね天」「ほねく」と言うことが名前の由来です。

【提供店一覧】 食べログまとめ 代表7選と店舗一覧
【店舗分布】 有田市9店舗

08.有田みかん

有田みかん写真 有田市「九鬼農園」のみかん狩りでカゴ一杯のみかん

和歌山県を代表する果物のミカン。有田川流域にある有田市と有田郡で栽培されている有田みかんは、全国的に有名なブランド。

紀州藩により栽培を始めたのが起源とされており、古くからみかん栽培が盛んな土地柄。

温州みかんを筆頭に色々なみかん品種があり、みかん狩りを楽しめる果樹園もあります。

みなべ町のグルメ

09.紀州南高梅

紀州南高梅写真 南紀白浜「とれとれ市場」で購入もできる試食の南高梅

梅の生産量が日本一の和歌山県において、白梅の一種「南高梅」の栽培量もトップクラス。

南高梅は和歌山県みなべ町が発祥。南部高校の教諭が高級品種の調査と南高梅の品質認定に関わったことから、南高梅の名前が付きました。

紀州南高梅は最高級品ともされる地域ブランド。

田辺市のグルメ

10.ひとはめ、ひとはめ寿司

ひとはめ寿司写真 田辺市の寿司店「宝来寿司」のひとはめ寿司

ワカメと同類でヒロメとも呼ばれる海藻で、育つと1メートルを超えるうちわ型が特徴。

国内では限られた地域で育つ海藻として古くから田辺湾の特産です。

地元ではしゃぶしゃぶとして湯にくぐらせて食べるのが定番で、海苔巻きのように魚入りのシャリに巻いた押し寿司で提供するお店もあります。

串本町のグルメ

11.カツオ、かつお茶漬け

かつお茶漬写真 串本「萬口」の名物として楽しめるかつお茶漬け

本州最南端の町「串本町」は太平洋に面した黒潮の海で、高知県と並ぶカツオ漁業が盛ん。

特に串本町では鰹を色々な食べ方で楽しめる「カツオ茶漬け」が名物で、鰹のお刺身をご飯にのせてお茶漬けで楽しむことができます。

太地町のグルメ

12.くじら料理

くじら料理写真 太地町の水族館近く「くじら家」のくじらかつ定食

イルカやシャチの水族館を持つ太地町では、今でもくじら料理のメッカとして飲食店があります。

ミンク鯨やナガス鯨を使用したくじら料理は竜田揚げや刺身だけでなく、カツ定食やカツカレーとして楽しむこともできます。

鯨肉と水菜で作るハリハリ鍋を楽しめるお店もあります。

東牟婁郡(那智勝浦町)のグルメ

13.マグロ

マグロ写真 マリーナシティ黒潮市場「浜丼食堂」で勝浦漁獲のマグロ丼

マグロ延縄(はえなわ)の漁業基地として、生鮮マグロの水揚高日本一を誇る勝浦漁港。

県全域や他県にも運ばれるだけでなく、地元でも新鮮な状態での提供店が多数あります。

内臓、尾ひれ、胃袋などの部位を調理提供するお店もあり、もちろん赤身から大トロまで盛り合わせなどで楽しめます。

新宮市のグルメ

14.サンマ寿司、馴れ寿司

サンマ馴れ寿司写真 新宮市でうなぎも楽しめる「東宝茶屋」で鯖の馴れ寿司

新宮市など熊野地方に伝わる押し寿司で、魚に塩と米飯を用いて乳酸発酵させて桶で1ヶ月前後保存した寿司。

和歌山では北部でサバ、南部でサンマが用いられる傾向があるため、サンマ馴れ寿司が定番。鮎も使用されます。

ヨーグルトよりも酸味がきつくて抵抗を持つ人が多いとされる、保存食です。

15.めはり寿司

めはり寿司写真 ケーキカフェ「きゃろっと」でも楽しめるめはりずし

高菜の浅漬けの葉でくるんだ、握り飯。和歌山と三重の県境に位置する熊野地方の郷土料理で、特に新宮市の名物として有名。

古くは麦飯で作っていたものでソフトボール大の大きさだったため「目を張るように口を開ける」として名前の由来に。

現在では白米や酢飯で作るのが一般的です。

伊都郡のグルメ

真言宗の金剛峯寺を持つ高野町のある伊都郡のグルメ。

16.高野豆腐

豆腐、高野豆腐写真 高野山別格本山「一乗院」宿坊の夕食で高野豆腐の小鉢

正式には凍り豆腐と呼ばれる、豆腐を凍らせてから乾燥させた保存食。

スポンジ状の感触で、水で戻して食べるだけでなくお吸い物などでも楽しめます。

高野山で製法が確立されて、江戸時代に高野山の土産物として重宝されたことから高野豆腐と呼ばれるように。精進料理の食材でもあります。

17.精進料理

精進料理写真 高野山「一乗院」の宿坊にて夕食の精進料理

修行中の僧侶が食べる料理として、肉類を使用せず自然の恵みの素材で揃えた料理。

高野山ではお寺で宿泊できる宿坊があり、宿坊の食事としても提供されます。

高野豆腐や金山寺わさびなどの地元素材も駆使した、高野山ならではの精進料理を楽しむことができます。

龍神村のグルメ

18.あまご

あまご写真 龍神温泉の食事処「若山屋」であまご弁当のあまご

竜神温泉が有名な龍神村を流れる日高川では、アユ釣りや3月に解禁されるアマゴ釣りを楽しむことができます。

釣りだけでなく食事として提供するお店もあり、甘露煮などで食べることができます。

まとめ

黒潮の海から揚がるマグロ、カツオをはじめとして魚が名物の和歌山県。魚や海産物を使用した保存食も多く、古くから存在する郷土食を今もしっかり守り伝える文化が強いです。

和歌山中華そばも全国区の名店だけでなくお店がいくつもあり、ラーメンめぐりも楽しいです。

以上、和歌山県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2018年6月3日 更新日:2018年9月25日)