宇治の抹茶スイーツ

京都府のグルメといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

京文化による上品な郷土料理をイメージしつつも、九条ネギの京都ラーメンなどもあるのが魅力。

今回は京都府のグルメを紹介していきます。

京都府のグルメ

まずは京都府全域で名物となっているグルメを紹介していきます。

01.京うどん

京うどん写真 全国チェーン「なか卯」京都八条口店のはいからうどん

かつお節と昆布でダシをとって薄口しょうゆを合わせた、関西風ダシのうどん。

京都名産の九条ネギは小口切りで添える場合や、大きく切ってダシと一緒に煮ることも。

麺は一般的なものを柔らかくなるまで煮る傾向にあります。ただ、京うどんの定義は曖昧で各家庭や各飲食店で味が異なります。

02.鳥なんば、鴨なんば

鳥なんば、鴨なんば写真 京都駅の蕎麦店「もり平」で温そばの鳥なんば

全国的に「鴨なんばん」と呼ばれる鴨肉入りの蕎麦を京都では「鴨なんば」と呼び、鶏の肉による「鳥なんば」なるものも存在します。

大きく切って熱を通したネギと鶏肉をメインの具材にして、蕎麦とうどんのどちらも楽しめます。

かつお節と昆布による関西風のダシで温かく食べるのが定番です。

03.冷やしあめ、飴湯

冷やしあめ、飴湯写真 あじさいが綺麗な三室戸寺「花の茶屋」の冷やしあめ

水飴を湯で溶いてから生姜を加えた飲み物。冷たいものは「冷やしあめ」、温かくして飲むものは「飴湯」と呼ばれます。

主に関西圏のみに存在する飲み物。主に麦芽水飴を用いるため琥珀色などの色が付き、生姜は搾り汁や卸し生姜などが用いられます。

04.九条ネギ

九条ネギ写真 京都駅「くらま」で茶そばに乗る薬味の九条ネギ

白い部分よりも深緑色の部分が多い青ネギの一種で、京野菜のひとつに位置付けられるネギ。

もとは大阪の難波に自生していたものが京都に伝わり、品種改良とともに京都で生産され続けてきたネギです。

薬味としてだけでなくメイン具材の料理も。関西のラーメン具材としても定番で、生産量も増えて京都府内で広く栽培されています。

05.京野菜

京野菜写真 宇治駅近く「宇治創こころ」のランチに付く野菜天ぷら

京都で生産されたブランド野菜。京都市だけでなく京都府全般で栽培されています。

明治期以前から栽培されている等の定義を満たしたものが京野菜を名乗れます。

大根、カブ、ナス、唐辛子、カボチャなどに地名の付いた名称で流通しています。

06.京漬物

京漬物写真 京都駅「京ダイニング八条」で牛かつカレーの付け合わせ野菜

京都で多く見かける漬物専門店では、いろいろな野菜を利用した漬物があります。

特に京都ならではの漬物として、かぶらの一種「すぐき」の漬物や、水菜に似た壬生菜(みぶな)は人気の高いもの。

かぶを薄く切って昆布や塩などで漬け込んだ「千枚漬け」も有名です。

京都市のグルメ

京都市の名物となっているグルメを紹介していきます。

07.にしんそば

にしんそば写真 四条鴨川のにしんそば発祥店「松葉」の温かいにしんそば

身欠きニシンの甘露煮を乗せたかけそばで、京都市の名物として有名です。

古くはニシン漁が盛んな北海道から輸送されたニシンを用いて、山に囲まれた盆地における保存食として活用した歴史があります。

関西風のダシに九条ネギをトッピングした温そばが一般的で、夏にはとろろに冷たいつゆの冷やしニシンそばも登場します。

08.牛かつ

牛かつ写真 京都駅「京ダイニング八条」で牛かつを乗せたカレーライス

関西では豚肉よりも牛肉が主流で、トンカツと同じ要領で牛肉を用いて衣を付けて揚げた料理。

関西で定番のビフカツは熱をしっかり通してウスターソースなどで食べますが、京都市では赤みが残るほど短い時間で揚げるのが特徴。

2015年に東京で一時的なブームになり、京都市内では「勝牛」がチェーン化しています。

09.鱧(ハモ)料理

鱧(ハモ)料理写真 京都駅「くらま」で夏限定の鱧御膳の鱧落としと押し寿司

京都の夏の定番といえば、ウナギやアナゴのように細長い魚の鱧(ハモ)。7月の祇園祭を「鱧祭」とも呼ぶほどで、初秋まで楽しめます。

海が遠い京都にて夏場の魚として重宝し、骨が多いことから包丁の目を沢山入れる「骨切り」の技術を職人が習得して発展。

茹でてから氷水に落とす「鱧落とし」を筆頭に、穴子のように作る寿司や天ぷらなどで堪能。

10.湯豆腐、豆腐料理、湯葉

湯豆腐、豆腐料理、湯葉写真 嵐山で元銭湯の建物を活かした「嵯峨野湯」の豆腐パスタ

湯豆腐発祥の地と言われる京都市の南禅寺。門前の茶屋で振舞われた歴史があります。

京都市では、和室で庭を眺めながら湯豆腐を筆頭に豆腐料理をいただける老舗が多くあります。

また、京都では豆乳から作る湯葉も定番料理のひとつで、居酒屋やレストランなどの飲食店でもいただけるグルメです。

11.おばんざい

おばんざい写真 黄桜酒造河童カントリー内「黄桜酒場」で鯖が付く昼定食

京都で普段の日常で食べられているお惣菜を「おばんざい」と呼び、観光地でもランチをはじめとしておばんざい専門の食事処もあります。

旬の素材を用いることも多く、お店によってこだわりの器や和の雰囲気で提供するところも。

卵焼きなど素朴なものから、豆腐や湯葉など京都らしいものまで色々な味が勢ぞろい。

12.京都ラーメン(濃厚醤油系)

京都ラーメン出典 http://www.honke-daiichiasahi.com/

ラーメン激戦区の一乗寺エリアなど、京都市を中心に提供されている「京都ラーメン」は京都の九条ネギを乗せるのが特徴。

ルーツは1938年の京都駅の屋台ラーメンで、その店主が市内の塩小路高倉に店舗「新福菜館」を構えたのが始まりと言われます。

今でも人気店となる新福菜館や第一旭など、濃い色の醤油スープが特徴です。

13.京都ラーメン(背脂醤油系)

京都ラーメン写真 京都駅の拉麺小路にも店を持つ「ますたに」の中華そば

1949年に創業した中華そば「ますたに」を発祥として広まった、スープの表面に豚の背脂を散らしたラーメンも京都では多いスタイルです。

ラーメン自体は、柔らかすぎるとも言われるストレート麺に九条ネギを乗せた醤油ベースという従来の濃厚醤油系ラーメンが定番。

背脂を散らす光景からチャッチャ系とも呼ばれ、魁力屋や京都伏見発祥の来来亭など名店多数。

14.京都ラーメン(鶏白湯系)

京都ラーメン写真 東京にも多数チェーン店化「天下一品」のこってりラーメン

1970年頃に京都で流行した鶏ガラ白湯ブームのラーメンもまた、京都ラーメンのひとつのスタイルとして定着。

全国区となった1971年屋台創業「天下一品」も鶏ガラ白湯スープから派生したと言われます。

鶏そばという呼び方で提供するお店もあり、スープはあっさりからドロドロまでお店によって個性が強く出ます。

15.きな粉スイーツ

きなこスイーツ写真 祇園のカフェ「OTOWA」で小豆白玉付きの黒蜜きなこパフェ

京都では和菓子を中心としたスイーツを扱うお店が多く、その中で「きな粉」を用いた甘味も和スイーツとしてよく見かける定番です。

バニラアイスやソフトクリームと相性が良く、小豆や白玉を添えて楽しむのも一興です。

16.八ッ橋、生八ッ橋

八ッ橋、生八ッ橋写真 京都市下京区に本社を持つ「白心堂」の生八ッ橋

米粉、砂糖、ニッキを混ぜて蒸し、薄く伸ばした生地を焼き上げた堅焼き煎餅「八ッ橋」。

1689年に聖護院の参道で提供されたのが始まりとされ、明治時代に京都駅で販売されて人気となった京都の代表銘菓です。

戦後には生地を焼かずに切り出した「生八ッ橋」が登場し、生地のみの製品や餡を包んだものがあります。

17.伏見の日本酒

伏見の日本酒写真 屋内と屋外で楽しめる「黄桜カッパカントリー」の冷酒

京都市の南にある酒蔵の歴史的な街並みと伏見稲荷神社で有名な伏見。兵庫の灘、広島の西条と並んで日本三大酒処と呼ばれる名所です。

伏水(ふしみず)と呼ばれる伏流水が街に沸いており、日本酒の仕込み水に用いられています。

黄桜、月桂冠といった有名大手を含めて約23酒蔵が伏見区内にあります。

【提供店一覧】 伏見酒造組合 酒蔵一覧
【店舗分布】 約23社の酒蔵(見学不可あり)と各種居酒屋

宇治市のグルメ

平等院鳳凰堂や宇治上神社のある宇治市。

18.宇治の茶そば

宇治の茶そば写真 宇治駅近く「宇治創こころ」でランチの宇治茶そばセット

茶処として名高い宇治は、宇治川周辺に霧が漂いやすい茶栽培の好適地。

宇治の緑茶や抹茶を使用した蕎麦は、緑色で豊かな風味が特徴。宇治駅から伸びる参道を中心に、茶そばを提供する飲食店が多数あります。

京風のめんつゆで楽しむ冷たい蕎麦だけでなく、にしんの姿煮を乗せた温かい蕎麦も魅力。

19.宇治茶スイーツ

宇治茶スイーツ写真 宇治駅近く「宇治創こころ」のランチに付くミニスイーツ

茶処の宇治では抹茶を使用した甘味が多く、参道にはお茶製品とともに甘味を楽しめるカフェも多く存在します。

茶団子をはじめとして、アイスやソフトクリームなど多彩。パフェを名物とするお店もあります。

福知山市のグルメ

20.ゴムやきそば

ゴムやきそば出典 http://www.ryoutan.co.jp/

製麺時の蒸し方によってゴムのような色と食感を出した、福知山ならではの焼きそば。

福知山市の飲食店「神戸焼」の店主が、戦時中の中国で食べた麺を帰国後に再現したのが始まりと言われています。

もとは普通に焼きそばというメニュー名で、客が「ゴム焼きそば」と呼ぶようになったとか。現在は認定店6軒を含めた市内10店ほどで提供。

21.福知山スイーツ

福知山スイーツ出典 https://dokkoise.com/

スイーツの街として、和菓子や洋菓子など様々な甘味を扱うお店の数が全国でもトップレベルとされている福知山。

生地にこだわりを持ったスイーツが多く、シフォンケーキ、バームクーヘン、どら焼き、アップルパイなど種類が実に豊富。

京丹波エリアとして丹波の黒豆や栗を用いたものもあり、スイーツのイベントによる地域振興も少しずつ行われています。

[提供店一覧] 福知山観光協会 福知山スイーツマップ
[店舗分布] 市内41店舗

舞鶴市のグルメ

京都府の北に位置し、海軍の施設が多く存在する海の街。

22.肉じゃが

肉じゃが写真 東舞鶴の居酒屋「ぶっちゃけ」でランチの肉じゃが定食

広島の呉とともに「肉じゃが発祥の地」を宣言している舞鶴。互いにライバル関係を持ちつつ街おこしとしてアピール。

東郷平八郎が留学先のイギリスで食べたビーフシチューを、帰国後に海軍の艦上食として作らせたのが始まりと言われています。(諸説あり)

じゃがいもの品種は呉がメークインを使用するのに対して、舞鶴は男爵いもを使用します。

まとめ

都の歴史が深くて風流な郷土料理が多く、その文化は今でも和菓子や料理として幅広く存在する京都のグルメ。
おばんざい文化として和食が魅力で、夏場の鱧料理など古くからの料理もあります。

以上、京都府全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2017年10月21日 更新日:2018年7月20日)