近江ちゃんぽん

日本一の面積を誇る琵琶湖の周囲に様々な都市が広がる滋賀県。

琵琶湖のしじみ、ブラックバスなど湖ならではのグルメに加えて、近江牛など全国的に有名な食材もあります。

今回は滋賀県で特に「現地の飲食店やお土産でいただける」ご当地グルメを紹介していきます。(今回は幾つかの市町村に限定して記載していきます)

滋賀県全般のグルメ

まずは、特定の市ではなく滋賀県全般のグルメと位置付けられている名物を紹介していきます。

01.近江牛

近江牛写真 大津SA下り線の旧レストランで近江牛陶板焼きを堪能

三大和牛のひとつと言われる黒毛和牛で「滋賀県内で最も長く肥育されたもの」が近江牛として表記されています。

肥育飼料と気候に恵まれている滋賀県東部の生産が盛んで、松阪牛や神戸牛の同品質と比べて低価格の傾向にあります。

また、焼肉は滋賀県の信楽の名産「信楽焼」の陶板で出されることもあります。

02.近江牛コロッケ、メンチカツ

近江牛コロッケ写真 彦根や八幡の近江牛取扱「千成亭」の近江牛コロッケ

先述の近江牛を使用したコロッケやメンチカツ。

特に滋賀県東部となる近江八幡や彦根で販売する精肉店が多い傾向にあり、散策する観光客向けに販売される光景も。

千成亭、まるたけ、徳志満などのお店があり、ピンポン玉の形をした「ころまるコロッケ」といった商品もあります。

長浜市のグルメ

琵琶湖の東にある長浜市。

03.焼鯖そうめん

焼鯖そうめん写真 長浜で庭を眺めながら食事できる「翼果楼」の焼鯖そうめん

甘辛いダシで煮込んだ焼き鯖を、同じダシで煮込んだ素麺(そうめん)の上に乗せた郷土料理。

農家が忙しい5月に、農家へ嫁いだ娘へ親が焼鯖を届ける「五月見舞い」という湖北地方(長浜市周辺)の習慣が由来とされています。

福井県の若狭湾が近いことから、若狭湾でよく採れた鯖を用いたと言われています。

彦根市、犬上郡のグルメ

ひこにゃんで一時期有名になった、彦根城のある彦根市。

04.近江ちゃんぽん

近江ちゃんぽん写真 彦根市のラーメン屋「本気」の近江ちゃんぽん

長崎ちゃんぽんとは異なり、和風ダシに中華麺を使用した塩野菜ラーメンに相当する麺類。キャベツ、もやし、ネギ、きくらげなど野菜満載。

昭和38年に創業した食堂「麺類をかべ」で創業当時から人気のあったメニューで、そのお店が発展して「ちゃんぽん亭総本家」となり全国チェーン化しました。

かつては彦根市内で広がり「彦根ちゃんぽん」と呼ばれた後、滋賀県のご当地グルメとして現在の呼び名が定着しています。

【提供店一覧】 近江ちゃんぽん協会 店舗一覧
【店舗分布】 協会公式店が市内10店舗

05.ひこね丼、ひことろ丼

ひこね丼、ひことろ丼写真 彦根駅前アーケードの食事処「すし浜」のひことろ丼

近江米と地元の食材を使用した丼「ひこね丼」と温玉が乗った「ひことろ丼」。

2011年に彦根市制75周年記念事業により誕生したご当地グルメです。

具材はお店によって多種多様で、代表食材のひとつが近江八幡名物「赤こんにゃく」。居酒屋や定食屋などで提供されます。

【提供店一覧】 彦根市サイト ひこね丼(店舗マップPDFあり)
【店舗分布】 協会公式店が市内11店舗

06.糸切餅

糸切餅写真 多賀大社参拝道にある「莚寿堂」の糸切餅

細長く伸ばした餅で小豆餡を包み、小さく切った餅。糸で切ることから糸切餅と呼ばれます。

彦根の南にある多賀大社の参拝道にある銘菓で、多賀や、ひしや、莚寿堂(えんじゅどう)の3店舗が老舗として軒を構えています。

【提供店一覧】 個人サイト 糸切餅3店舗食べ比べ
【店舗分布】 多賀大社周辺のみ約3店舗

近江八幡市のグルメ

日牟禮(ひむれ)八幡宮の周辺にお堀を持ち、ウォーリズ建築の建物が点在する近江八幡。たねや(クラブハリエ)のバームクーヘンで有名です。

07.赤こんにゃく

赤こんにゃく写真 安曇川にある「大吉Grill牧場」で小鉢の糸こんにゃく

滋賀県では赤いこんにゃく「赤こん」があり、近江八幡市を中心に滋賀県全域で見かける食材。

一説によると、織田信長が近江八幡の左義長(さぎちょう)祭りで朱色の長襦袢(ながじゅばん)をまとって踊ったことが由来で、お祭りにちなんでこんにゃくを赤くしたと言われています。

赤色の原料は栄養を豊富に含む三二酸化鉄(さんにさんかてつ)で、辛くはないもの。

一般的なこんにゃくと食感や味で判別がつきにくいほど似ているため、用途や調理法は一般的なこんにゃくと大差ないです。

大津市のグルメ

京都にも近い、琵琶湖の南西に位置する大津市。

08.しじみ、しじみ釜飯

しじみ釜飯写真 道の駅びわ湖大橋のレストランでしじみ釜飯を堪能

滋賀県の代表、日本一の広さを持つ琵琶湖では「しじみ」がよく採れるため「しじみ飯」「しじみ釜飯」を楽しめます。

特に大津市の南にある名刹「石山寺」で「しじみ釜飯」を提供する茶屋があり、参拝とともに楽しめる地元ならではのグルメです。

高島市のグルメ

琵琶湖の西にある高島市。

09.高島とんちゃん

高島とんちゃん写真 安曇川にある「大吉Grill牧場」で重箱スタイルのとんちゃん

高島市で古くから食べられている鶏肉「味付けかしわ」をタレで味付けしたもの。

一般的に「とんちゃん」とは豚モツのことですが、地元では鶏肉が用いられて一昔前までは「焼肉」と言えば鶏肉を指すほど馴染みの食材。

市の南部では味噌ダレ、北部では醤油ダレが用いられる傾向にあります。鉄板で提供されますが、丼に乗せて提供するお店もあります。

10.アドベリー

アドベリー写真 安曇川の「とも栄」で購入したアドベリームラング

日本で珍しい果実「ボイセンベリー」を栽培している高島市の安曇川(あどがわ)。

ブランド特産品として「アドベリー」と名付けて、果実の販売に加えてお菓子など80種類以上の製品販売が行われています。

6月中旬から7月上旬と収穫時期が短く、生産量が少ないため幻の果実と言われます。

まとめ

様々な食材が名物となっている滋賀県。

今回紹介した以外にもブラックバスを使用した丼やバーガー、そして鮒ずしなど知名度の高いグルメもあります。

以上、滋賀県全般のご当地グルメ特集でした。