伊勢エビ

2016年の伊勢志摩サミット開催で、グルメの宝庫として再注目された三重県。

アワビ、カキ、伊勢エビなど海の幸が豊富な伊勢志摩エリアでは、マグロやタイなどの養殖も盛ん。赤身魚を使用した手こね寿司も有名です。

一方で工業地帯の四日市のトンテキ、県庁所在地の津市のうなぎや餃子、湯の山温泉や伊賀地方の鍋物など北部はスタミナ食の宝庫です。

今回は沢山のグルメを誇る三重県のご当地グルメを市町村単位に紹介していきます。

県全域のグルメ

まずは特定の市町村ではなく県全域のグルメを紹介します。

01.伊勢茶

伊勢茶写真 近鉄四日市の居酒屋「仲見世」で濃厚な伊勢茶ハイボール

三重県内のほぼ全域で生産されている日本茶で、旧伊勢国で古くから作られていた茶葉。

北勢地域だと四日市市、鈴鹿市、亀山市など、南勢地域だと松阪市、多気郡、伊勢志摩エリアなどが産地で、北勢地域のほうが栽培は盛んです。

平安時代に僧侶の玄庵が茶の木を植えて、空海直伝の製茶法を伝承したのが始まりだとか。

02.あおさのり

あおさ写真 伊勢神宮おかげ横丁「手こね茶屋」であおさ入りのお吸い物

味噌汁や吸い物の具材として使用される、あおさ海苔。玉子焼きや佃煮などにも使用されます。

全国の約6割の生産を誇る三重県。1970年代に養殖技術を確立し、1~4月に沿岸部に青いじゅうたんを広げる光景は伊勢志摩の風物詩です。

北は松阪市から南は紀北町までリアス式海岸の海沿いに広く漁場を広げ、黒潮による条件の良さが生育のカギとなっています。

桑名市、桑名郡のグルメ

愛知県と隣接する三重県北部の玄関口、桑名(くわな)市。ジョサイア・コンドル氏設計の洋館「六華苑」など海沿いの散策を楽しめる桑名駅周辺や、イルミネーションで有名な「なばなの里」と温泉と遊園地を有する「長島スパーランド」も桑名市に属します。

03.はまぐり料理

はまぐり料理写真 桑名駅近く「魚侍はなれ」で焼きはまぐり5個を長皿で

江戸時代に徳川家への献上品にもされた、桑名の蛤(はまぐり)料理。「その手は桑名の焼き蛤」という古くからのシャレも残る知名度です。

400年以上の歴史を持つ赤須賀の漁港で採れる名物として、今も色々なお店で提供されています。

揖斐川、長良川、木曽川の「木曽三川」が流れ込む栄養の多い川で育った蛤は、肉厚で濃厚な味と言われます。

【提供店一覧】 桑名市サイト くわなめし店舗一覧
【店舗分布】 不明

04.しぐれ煮、しぐれごはん

しぐれ煮、しぐれご飯写真 桑名駅近く「むすび舎」の牛肉しぐれとあさりしぐれの握り飯

あさり、しじみ、牛肉などの素材を醤油で煮詰めた、佃煮(つくだに)の一種。生姜を加えて煮詰めるのが特徴。

もとは桑名の蛤(ハマグリ)で作られていたもので、松尾芭蕉の弟子が「しぐれ」と命名した江戸時代からの名物と言われています。

ご飯と混ぜた「しぐれごはん」など、家庭の味として桑名の郷土食となっています。

05.しぐれ肉巻きおにぎり

しぐれ肉巻きおにぎり出典 https://kanko.city.kuwana.mie.jp/

あさりのしぐれ煮ごはんにしゃぶしゃぶ用豚肉を巻いた、桑名流の肉巻きおにぎり。

市内提供店では桑名市産のあさりしぐれ煮に、三重県ブランド豚のみえ豚を使用。

米糠から絞ったこめ油で調理し、サラダ菜とプチトマトを添えて盛り付けるのが定番。

【提供店一覧】 桑名市サイト くわなめし店舗一覧
【店舗分布】 市内15店舗

06.桑名カレー

桑名カレー出典 https://www.kankomie.or.jp/

東日本は豚肉、西日本は牛肉を具材として使用すると言われるカレーですが、その境界線が桑名市長島町と言われています。

境界線ということで豚肉ルーと牛肉ルーの双方を楽しめるのが桑名カレー。ライスを中央に配して、豚肉ルーと牛肉ルーを左右にかけます。

天下分け目の桑名カレー、とも呼ばれる一品。お土産用レトルトもありますが、市内飲食店でも楽しめます。

【提供店一覧】 桑名市サイト くわなめし店舗一覧
【店舗分布】 市内4店舗

07.桑名コロッケ

桑名コロッケ出典 https://kanko.city.kuwana.mie.jp/

はまぐり、なばな、トマト、竹の子、黒のりなど桑名の食材を使用したコロッケ全般を桑名コロッケと称して販売されています。

食わなきゃ、という意味を込めて「食わなコロッケ」とも言われます。

桑名市で地元の特産物や食材を使った桑名コロッケコンテストで優勝した「たけのこコロッケ」など様々な味を楽しめます。

【提供店一覧】 桑名市サイト くわなめし店舗一覧
【店舗分布】 市内6店舗

08.バンブー焼きそば

バンブー焼きそば写真 桑名市の喫茶店「にわ」でシンプルなバンブー焼きそば

桑名は良質で美味しいタケノコが取れる産地で、そのタケノコを使用した焼きそば。

桑名の喫茶サフランのマスターが発案したと言われ、お祭りでの屋台として販売することも。

市内の喫茶店を中心に広まっている、ご当地焼きそばです。

【提供店一覧】 桑名市サイト くわなめし店舗一覧
【店舗分布】 市内6店舗

09.アイスまんじゅう

アイスまんじゅう写真 桑名市の裏路地「マルマン」のアイスまんじゅうを食べ歩き

アイスミルクと小豆餡を使用したアイスで、和菓子の饅頭を模したアイス。

福岡県の丸永製菓が全国的に販売する製品が有名ですが、実は個人店として販売店が多いのが三重県で桑名市を中心に存在します。

【提供店一覧】 Wikipedia 製造メーカー一覧
【店舗分布】 桑名市内3店舗、三重郡1店舗、鈴鹿市1店舗

10.安永餅

安永餅写真 桑名駅近く「魚侍はなれ」で揚げ安永餅をデザートで堪能

桑名市の代表銘菓となる、つぶ餡の入った細長く平らな焼き餅。

江戸時代から販売され、宿場町の桑名宿を往来する旅人に人気があったと言われています。

【提供店一覧】 リンクなし
【店舗分布】 永餅屋老舗、安永餅本舗柏屋の2業者

いなべ市、員弁郡のグルメ

三重県の北端に位置しており滋賀県と岐阜県に接する、いなべ市。自然豊かなアウトドアスポットが多く、国際自転車ロードレースが開催される町として観光のサイクリングにも力を入れている市です。

11.さくらポーク

さくらポーク写真 桑名駅近く「魚侍はなれ」でさくらポークしゃぶしゃぶサラダ

養老山脈から湧き出るミネラル豊富な水を用いて育てられた、三重県ブランドの三元豚。

加熱処理によって殺菌と栄養性向上を行った餌を使用し、四日市畜産公社で解体処理されます。

鈴鹿市にも飼育農家がありますが、いなべ市飼育のブランド豚として主に流通しています。脂に甘みがあり豚臭さが無いのが特徴。

四日市市のグルメ

工業地帯として湾岸に煙突の煙がトレードマークの四日市市。

12.四日市とんてき

四日市とんてき写真 桑名駅のお好み焼き屋「すくらむ」で細切れのトンテキ

分厚い豚肉をニンニクと濃いめのタレでソテーした、戦後発祥の豚肉ステーキ。

タレはウスターソースなどを使用した黒みを帯びたもので、キャベツに絡めて食べるのも良し。

手のひらの形にカットするお店も多く、その形からグローブ焼と呼ばれることも。定食としてご飯が進むだけでなく居酒屋メニューとしてお酒を添えた一品としても楽しめます。

三重郡(湯の山温泉)のグルメ

菰野町、朝日町、川越町で構成される三重郡。菰野(こもの)町には、三重県で歴史ある温泉地「湯の山温泉」があります。

13.僧兵鍋

僧兵鍋出典 https://www.kankomie.or.jp/

猪肉や鹿肉を中心として様々な肉類、魚類、野菜類を煮込んだ、豚骨ダシをベースとして僧兵味噌による味噌仕立ての鍋物。

湯の山温泉の三岳寺でかつて修行していた僧兵たちが武家政治の横暴に対抗して戦った際に、スタミナ食として食べたのが始まりとされています。

現在でも湯の山温泉の郷土料理として、11月~3月頃に一部の旅館で提供されています。

鈴鹿市のグルメ

鈴鹿サーキットが有名な鈴鹿(すずか)市。

14.鈴カレー

鈴カレー出典 http://www.isenp.co.jp/

カレー粉と鈴鹿産食材を1品以上使用した料理で、カレーライスに限らず麺類やパンなど幅広いメニューが存在する鈴鹿のご当地グルメ。

鈴鹿市のグルメPRとして2012年から取り組まれており、2017年の鈴カレースタンプラリーでは38店舗がエントリーするほどの勢い。

【提供店一覧】 鈴カレーグランプリ2016 提供店舗一覧PDF
【店舗分布】 市内38店舗

亀山市のグルメ

ヤマトタケルの御陵も残る東海道の宿場町、亀山市。

15.亀山みそ焼きうどん

亀山みそ焼きうどん写真 亀山の関駅の宿場町通り沿い「山石」の味噌焼きうどん定食

東海道、名阪国道など主要道が通る亀山市にてトラック運転手に人気のある味噌焼肉とうどん。

評判が良いことから各家庭でもみそ焼きうどんを作るようになり、現在でも沢山のお店で提供されている地元の味です。

焼肉を食べてからうどんを投入するスタイルも定番で、色々な形で各店が提供しています。

【提供店一覧】 亀山みそ焼きうどん本舗 提供店マップ
【店舗分布】 市内22店舗

津市のグルメ

三重県の県庁所在地、津(つ)市。三重県のグルメが集結するため、伊勢志摩の手こね寿司なども楽しめます。

16.津ぎょうざ

津ぎょうざ写真 津駅近くのラーメン屋「麦一等兵」で揚げたての津ぎょうざ

1985年頃に津市の小学校給食で登場したのが発祥で、現在でも給食で人気の揚げ餃子。

直径15センチほどの皮を使用した大きさが特徴で、給食調理で手作りの手間がかからないよう大きい皮を使用したのが由来。

津まつりでの一般向け販売を契機に市内飲食店でメニュー化が行われ、2008年11月からご当地グルメとして飲食店提供が開始されました。

17.津ぅのうなぎ

津ぅのうなぎ写真 津市の阿漕駅近く「両口屋」のうな重は皮パリッと身ふっくら

2005年にうなぎ消費量日本一になったことがあり、祝い事でうなぎを食べる習慣が濃い津市。

津駅や津新町駅を中心として、市内にうなぎ料理専門店が20軒以上あります。

関西風の腹開きでコクのあるタレが特徴で、かば焼きの他にもう巻き、うざく、ひつまぶし等の食べ方で楽しめます。

【提供店一覧】 津観光 津うなぎ提供店一覧PDF
【店舗分布】 市内20店舗

伊賀市のグルメ

伊賀忍者で有名な伊賀(いが)市。忍者にちなんだグルメがあります。

18.忍術鍋

忍術鍋出典 https://www.kankomie.or.jp/

伊賀野菜、伊賀牛、豚肉、山鳥、猪肉、伊勢志摩の海の幸など多彩な食材で楽しむ伊賀地方の鍋。

厳しい修業を行う伊賀忍者のスタミナ食が起源と言われ、忍者として名高い百地三太夫が赤目渓谷で修行中に食したことでも有名。

現代風にアレンジしたタレも特徴のひとつで、赤目温泉の温泉地名物料理として食べることができます。

名張市のグルメ

伊賀地方で赤目四十八滝を有する名張(なばり)市。

19.名張牛汁

名張牛汁出典 http://www.e-net.or.jp/

伊賀牛の知名度向上などのために、古くから伊賀地方で精肉店の賄い料理で食べられてきたお吸い物をヒントに開発したご当地グルメ。

和風醤油ダシを基本に伊賀牛とネギを使用して店頭に専用の暖簾を掲げるなど、名張牛汁協会にて定義した条件で各店工夫したメニューを用意。

うどんは原則入れないもので、うどん屋さんでも麺無しでの取り扱いとなります。

【提供店一覧】 名張牛汁協会 提供店一覧
【店舗分布】 名張市18店舗、伊賀市4店舗

松阪市のグルメ

津市の南にある松阪(まつざか)市は、松阪牛の地としても有名。

20.松阪牛

松阪牛写真 志摩市「長太郎」の松阪牛ランチ焼肉御膳をリーズナブルに

日本三大和牛のひとつとして、松阪市近辺で飼育された未経産雌牛の黒毛和種の牛。

特定の和牛品種ではなく全国各地の黒毛和牛を集めて900日以上飼育されたもの。

正式には「まつさかうし」と読み、脂肪分を均一にするための工夫がなされた霜降り肉が特徴。

伊勢市のグルメ

海の幸が豊富な伊勢志摩にて伊勢神宮を有する伊勢市。もとは志摩市の漁師メシだった手こね寿司も伊勢神宮で食べることができます。

21.伊勢エビ

伊勢エビ写真 鳥羽市「華月」で色々なコースを楽しめる伊勢エビ

伊勢市をはじめとして伊勢志摩エリアの飲食店での提供が多い伊勢エビ。10月~4月など冬場を中心に楽しめます。

古くから伊勢神宮の神嘗祭におけるお供え物として用いられ、檜(ひのき)のせいろ蒸しでのお供えを参考にしてせいろ蒸しで提供するお店があるのも特徴です。

22.伊勢うどん

伊勢うどん写真 伊勢神宮おかげ横丁「手こね茶屋」で温かい伊勢うどん

鰹節などのダシを含んだたまり醤油を絡めて食べる、柔らかい太めの麺が特徴のうどん。

伊勢神宮参拝の多くの客をさばくため汁気を少なくしたと言われ、濃いめで塩気強めのたまり醤油の色でうどんが染まります。

刻み葱や鰹節など薬味のみのシンプル具材で、コシがなく柔らかく直径1センチほどの麺は賛否が分かれます。

23.黒みつ団子

黒みつ団子写真 伊勢神宮おはらい町「だんご屋」で黒みつ団子を1本購入

タレとして黒蜜をかけた串団子。伊勢地方で昔から食べられてきた、地元民が懐かしむ味です。

団子屋や和菓子屋で購入できますが、黒みつをたっぷり用意して団子を漬けるため少量製造が難しく、5本単位で販売するお店もあります。

24.伊勢真鯛

伊勢真鯛写真 近鉄四日市の居酒屋「仲見世」で伊勢真鯛を皮付きの炙りで

養殖マダイの一大生産地、三重県。紀伊山地から流れ出す栄養分と黒潮が出会う伊勢の海で育ったブランド鯛が伊勢真鯛です。

三重県特産の海藻、柑橘類、茶葉の粉末を混ぜた餌で育てることで、脂身を抑えたサッパリとした味に仕上がります。

旬は10~2月と言われ、秋口から出荷が始まります。日持ちの良さも売りのひとつです。

鳥羽市のグルメ

伊勢市と志摩市に挟まれた海沿いの街、鳥羽(とば)市。世界的な真珠ブランドで有名なミキモトの真珠島や、鳥羽水族館があります。

25.とばーがー

とばーがー出典 https://www.city.toba.mie.jp/

地元食材を使用したバーガーで、地元業者と旅行雑誌社の手で2007に登場した創作バーガー。

食材はサザエ、伊勢エビ、豚肉など様々で、パテ部分に地元食材を1品以上使用するのが条件。

鳥羽市内での販売で注文を受けてから作るのも、とばーがーを名乗れる条件のひとつです。

【提供店一覧】 鳥羽市とばーがー 公式パンフレット
【店舗分布】 市内19店舗

志摩市のグルメ

志摩スペイン村や真珠養殖の賢島などを有する志摩市。

26.手こね寿司

手こね寿司写真 伊勢神宮おかげ横丁「手こね茶屋」でシンプルな手こね寿司

鰹や鮪などの赤身の魚を醤油系のタレに漬け込み、酢飯に乗せて食べるちらし寿司の一種。

もとは鰹漁として沖の船の上で作ったと言われる志摩市の料理と言われ、昭和40年代に観光向けに伊勢市にも広がったそうです。

店により大葉、生姜、海苔などを散らし、木の桶に入れて提供するお店も多いです。

27.的矢牡蠣、浦村牡蠣

牡蠣写真 せいろ蒸しが名物の鳥羽市「華月」にて浦村カキを堪能

真珠の養殖で有名な志摩地方ですが、カキの養殖も多く行われています。

志摩市的矢地区の的矢湾で養殖される的矢ガキ、鳥羽市浦村町で養殖される浦村ガキが有名。

現地では食べ放題で提供するお店もある一方で、海水に浸けて新鮮なまま出荷する産地直送方式でレストランにて提供するのも特徴です。

28.伊勢志摩ロイヤルポーク

志摩ロイヤルポーク写真 四日市「仲見世」で志摩ロイヤルポークの四日市トンテキ

自然環境と品質にこだわって育成された、伊勢志摩エリアの三元豚ブランド。

締まりがよくコクと旨みの豊富さが特徴で、一般的な豚肉に比べて赤身が多くて脂肪も柔らかくて料理してもアクが出にくいそうです。

29.あっぱ貝

あっぱ貝写真 四日市の居酒屋「仲見世」であっぱ貝の浜焼きを熱々で堪能

一般的にはヒオウギ貝と呼ばれる、10cm程度の扇状の貝殻を有する貝類。

全国的に幾つかの養殖地があり、三重県では志摩市の英虞湾の真珠イカダで養殖されています。

焼くと貝がアッパッパと開閉を繰り返す姿から、あっぱ貝という名前になったとか。ホタテに近い貝柱で、外套膜(ヒモ)と中腸腺(暗緑色部分)も食べることができます。

多気郡、度会郡のグルメ

伊勢市と尾鷲市の間に広がる自然豊かなエリア。多気町、明和町、大台町を合わせた多気(たき)郡。玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町を合わせた度会(わたらい)郡があります。

30.玉城カレー

玉城カレー出典 http://www.tamaki-kanko.jp/

玉城(たまき)町の新名物として登場した、玉城町内でのみ食べることのできるカレー。

玉城町のブランド豚「玉城豚」使用必須で、玉城町の食材を出来る限り使用することなどが玉城カレーを名乗る条件となっています。

【提供店一覧】 玉城町観光ガイド 店舗一覧
【店舗分布】 町内10店舗

31.伊勢まぐろ

伊勢まぐろ写真 二見浦水族館「まぐろ神社伊勢」で伊勢まぐろ入りのまぐろ丼

リアス式海岸の美しい海が広がる度会郡南伊勢町神前浦で育てられた、養殖クロマグロのブランド「伊勢まぐろ」。

国内のクロマグロ養殖地の中で最北東に位置。

紀伊山地から流れ込むミネラル豊富な水と黒潮の海が混ざり、海水温が低い冬場には余分な脂肪が少なくなり身が引き締まります。

尾鷲市、北牟婁郡のグルメ

三重県の南に位置する尾鷲(おわせ)市と、北牟婁(きたむろ)郡の紀北(きほく)町。

32.マンボウ料理

マンボウ料理写真 四日市の居酒屋「仲見世」でマンボウをナゲットで堪能

もともと熊野灘に面する漁港の漁師仲間だけの食べ物として、明治時代から定置網で漁獲されていたマンボウ。

12~4月頃にブリやアジなどの網に偶然かかるため漁獲量は少ないです。

現在ではスーパーや飲食店での提供もあり、揚げ物や鍋などの食べ方で楽しめる。

熊野市、南牟婁郡のグルメ

和歌山県の新宮市と隣接して和歌山の文化も見受けられる、三重県の南端の熊野(くまの)市。南牟婁(きたむろ)郡の御浜町と紀宝町も熊野エリアにあります。

33.サンマ寿司

サンマ寿司写真 伊勢神宮おかげ横丁「手こね茶屋」で持ち帰りのサンマ寿司

三重県の志摩半島から和歌山県に至る熊野灘沿岸一帯で食べられる、サンマを用いた寿司。

サンマ1本ほどのサイズの木箱に酢飯を入れて、塩漬けしたサンマを乗せて押し固めた押し寿司の一種です。

熊野市の産田神社で行われる例祭で提供されるサンマの寿司が発祥とも言われます。

筆者のおすすめ

力強い食感の伊勢エビは茶碗蒸し、せいろ蒸し、味噌汁など色々な食べ方で楽しめてオススメ。一方で松阪牛は霜降りの脂が強めでベトつく感じもあるため、お店の調理によっても味の良し悪しが左右されそうな印象です。塩気強めで甘辛いトンテキも結構好きです。

まとめ

以上のとおり、三重県の北部(北勢エリア)ではスタミナのつく料理が豊富。四日市トンテキ、津のうなぎ、津ぎょうざ、僧兵鍋、忍者鍋など、お腹一杯で元気になるご当地グルメが豊富です。
そして伊勢志摩の黒潮の海を誇る南部(南勢エリア)の海の幸も魅力。伊勢エビ、カキ、マグロ、タイなどを楽しめて、養殖と言っても黒潮の海に面した栄養豊富な場で育った三重県ならではの味と言えます。

以上、三重県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2017年12月9日 更新日:2018年1月3日)