飛騨牛の味噌陶板焼き

岐阜県のグルメといえば、何を思い浮かべるでしょうか?

飛騨牛を代表として山間部ならではの食材を活かしたグルメが多いです。

今回は岐阜県のグルメを幾つか紹介していきます。

岐阜県のグルメ

岐阜県のグルメを紹介していきます。

01.飛騨牛朴葉味噌焼き

写真 高山さんまちの「角一亭」の飛騨牛朴葉味噌焼き

岐阜県の名物の代表格とも言われる飛騨牛。飛騨地方で肥育される黒毛和牛を指し、岐阜県内で14ヶ月以上肥育する等の条件があります。

定番の食べ方として、大きい朴葉(ほおば)に乗せて味噌で味を付けて食べるものがあります。

02.鶏ちゃん

鶏ちゃん写真 中津川駅近く「チキンハウス」のけいちゃん

タレに漬けた鶏肉にキャベツなどの野菜類を合わせて、炒めて焼いた鶏(けい)ちゃん焼き。

北海道のジンギスカンが由来で、羊飼い文化が途絶えた後に鶏肉を使用し始めて1950年頃から食べられていたと言われています。

03.みだらしだんご

みだらしだんご写真 高山さんまちエリアの土産店「三川屋」のみだらし団子

トロッとした甘い醤油タレが絡んだ、飛騨地方の串団子。

京都や愛知でも「みたらしだんご」は存在しますが、飛騨高山では「みだらし」と濁った呼び方をするのが特徴。屋台の販売店もあり。

水を含んだ米粉を蒸して丸めた団子を用いて、5個を串に刺すお店が多め。表面に焦げ目を付けて香ばしさを出すのも特徴のひとつです。

04.宿儺(すくな)カボチャ

宿儺(すくな)カボチャ写真 高山アーケードの専門店「ルミディ」の宿儺カボチャプリン

高山市で栽培されている、宿儺(すくな)カボチャ。

もともと自家用栽培としての品種で、年によって出来栄えが異なる不均一性の手作り感が売りのひとつ。

食事としてだけでなくプリンなどに用いられて販売されています。

05.奥美濃カレー

奥美濃カレー写真 郡上エリアのレストラン「風見鶏」の奥美濃ツインカレー

岐阜県郡上市白鳥町を中心に販売されているカレーライス。

郡上市特産の郡上味噌を使用したカレーと定義されており、他は各店が自由に味付けとアレンジを施しています。

郡上市の食材を用いるお店も多く、飛騨牛、奥美濃古地鶏、明宝トマトなどご当地ならではの素材が活用されています。

【提供店一覧】 奥美濃カレーファミリー 店舗一覧
【店舗分布】 郡上市内25店舗

06.ひるがの高原シュークリーム

ひるがの高原シュークリーム写真 ひるがの高原SAで人気の「みのばんば」のシュークリーム

喫茶店「みのばんば」独自の商品ですが、高原らしさのある乳製品の中でも人気の一品。

ひるがの高原の牛乳を使用し、米コで作られた厚めの生地が特徴。

ひるがの高原サービスエリアで「ひるがの高原シュークリーム」の名前でも売られており、ハイウェイグルメとしても評価されている商品です。

07.モーニングセット

モーニングセット写真 美濃太田の喫茶店「キッチンあすなろ」のモーニング

朝時間帯のドリンクに無料で軽食が付いてくる、モーニングサービス。

名古屋を中心とした愛知県の文化と言われていますが、岐阜県でもこの朝食喫茶店文化が浸透しています。

筆者のおすすめ

なんたって奥美濃カレーがイチオシ!インドカレー風のスパイシーな味付けのお店もあり、提供店舗がそこそこ多いので車でドライブしつつロードサイドの店舗に立ち寄ってゆったり食事する時間が至福です。

まとめ

今回は行ったことのあるお店だけを急ぎで7個を紹介しましたが、他にも色々なグルメがあります。

以上、岐阜県全般のご当地グルメ特集でした。