鳥もつ煮

ワインの知名度が高い山梨県のグルメといえば、何を思い浮かべるでしょうか。

あまりバリエーション豊富ではない気もしますが、ほうとう、信玄餅など定番で知名度の高いグルメがあります。

関東の観光地としてツアーも組まれやすく、武田信玄ゆかりの地などもあります。

今回は山梨県で特に「現地の飲食店やお土産でいただける」ご当地グルメを紹介していきます。

山梨県のグルメ

01.ほうとう

ほうとう写真 山梨で定番のチェーン店「小作」のほうとうは具材ゴロゴロ

小麦粉の麺と野菜を味噌仕立ての汁で煮込んだ、山梨県の代表的な郷土料理。

棒で伸ばして切った平打ちの太麺を用いるのが一般的で、団子状の「みみ」を使用する地域も。

海の無い県として具材は山菜系が多く、カボチャを筆頭に人参やキノコ類が用いられます。

02.鳥もつ煮

鳥もつ煮写真 甲府駅南口で元祖と名高い「奥藤本店」の鳥モツ煮を丼で

ニワトリのモツを砂糖と醤油で煮た、山梨県の郷土料理。煮込みではなく汁気が無くなるまで甘辛く煮詰めたものが一般的です。

1950年代に捨てられていた鳥もつを甲府市の蕎麦屋が活用したのが始まりとされ、砂肝、ハツ、レバー、キンカンなどの部位が用いられます。

2010年のB-1グランプリで優勝したことで知名度が上がりました。

03.信玄餅スイーツ

信玄餅スイーツ写真 甲府駅で桔梗信玄餅系列「黒蜜庵きなこ亭」で信玄餅パフェ

山梨県の代表銘菓、信玄餅。最大手の桔梗屋の桔梗信玄餅をはじめとして金精軒など幾つかのメーカーの製品があります。

そんな信玄餅を使用したスイーツも登場しており、桔梗屋系列のカフェで提供されていることが多いです。

信玄餅ソフト、信玄餅パフェ、信玄餅アイス、信玄餅ロールケーキ、信玄餅クレープなど多岐に渡ります。

04.甲州牛

甲州牛写真 河口湖の湖畔にある「山岸旅館」にて夕食の甲州牛を五徳で

山梨県の自然の中で育てられた黒毛和牛で、品質ランクが4等級、5等級の牛が「甲州牛」として販売されています。

ミネラルウォーター生産日本一を誇る山梨のミネラル豊富な名水が、肉の美味しさを左右すると言われています。

とろけるように柔らかくジューシーな肉質、豊かな風味が特徴とされています。

05.ワイン

ワイン写真 甲府駅近くのやまなしプラザ内「オープンカフェ」の赤ワイン

国内の約3割のワインを生産している山梨県。

約80もあるワイナリーにより様々なワインが売られており、和食に合わせやすい特徴を持つと言われています。

特に山梨県の特産となるブドウ品種「甲州種」を用いた白ワインの評価が高いです。

06.せいだのたまじ

せいだのたまじ出典 https://www.facebook.com/seidanotamaji/

上野原市の新グルメで、小粒のじゃがいもを味噌で煮詰めたもの。

上野原地方で代官を務めた中井清太夫が九州から取り寄せて栽培したじゃがいもを清太芋(せいだいも)と呼び、当グルメの名称に採用。

小粒のじゃがいもは「たまじ」と言われ、時期にもよりますが里芋より少し大きいくらいのサイズで楽しめます。

07.甲州ワインビーフ

甲州ワインビーフ出典 http://www.winebeef.co.jp/

ワイン生成時に発生する葡萄の搾りカスを飼料の一部に用いて飼育された、交雑種の牛から採れる牛肉。

甲斐市の小林牧場で飼育されており、小林牧場の直営店だけでなく県内の精肉店や百貨店での販売や飲食店でも提供されています。

飼料により肉が柔らかくなり、ワインのポリフェノールも肉に含まれます。

08.大月おつけだんご

大月おつけだんご写真 大月駅前の居酒屋「かつら」でおつけだんごを堪能

味噌汁の中に旬の野菜と小麦粉の団子を入れた、大月市の郷土料理。基本は味噌ベースですが、醤油、塩、鶏ベースで出すお店もあります。

具材は店によって様々で、大根、人参、里芋、ゴボウなどが使用されます。団子は小麦粉を水に溶いたものを使用。

味噌汁の別称「おみおつけ」や地名「大月」など、名前の由来は諸説あり。大月市の「大月桃太郎伝説」によるものという説も。

09.馬肉料理

馬肉料理写真 県東部の名所、猿橋の近くに佇む「大黒屋」の馬肉山椒焼

熊本、会津、長野で名物の馬肉ですが、山梨も馬肉文化が色濃い県のひとつ。

古くから富士山の信仰登山の荷揚げ用や甲州街道の往来などで馬が多く飼われていたことが由来で、富士吉田市をはじめ県全域の名物。

馬刺し、コロッケをはじめとして吉田うどんの具材など色々な料理法で用いられます。

10.吉田うどん

吉田うどん出典 http://www.yamanashi-kankou.jp/

味噌や醤油のつゆに硬めで太麺のうどん、キャベツ添えの具材が特徴のうどん。

小麦粉文化の土地柄に加えて富士山の湧き水に恵まれていることで、うどん店が多いです。

温かいつゆで食べるのが基本ですが、大根おろしの冷やしや鍋焼きタイプで提供するお店もあり。大半が昼のみ営業です。

まとめ

今回は取り急ぎ思いつくものだけ紹介してみました。もっと色々なグルメがありそうですし、吉田のうどんなど富士周辺のグルメも随時追記していきます。

以上、山梨県全般のご当地グルメ特集でした。

(初回投稿日:2017年9月13日 更新日:2017年11月4日)