しらす丼

江の島など湘南の海と鎌倉が観光名所として名高い神奈川県。横浜などの都市も多い中で、ご当地グルメも色々と存在します。

いまやラーメン店として多数の暖簾分けをした横浜家系ラーメンが有名で、鎌倉のしらす丼など名物も沢山あります。

今回は神奈川県のご当地グルメを紹介していきます。

横浜市のグルメ

01.家系ラーメン

家系ラーメン写真 根岸駅近く「千家」でベーシックな横浜家系ラーメン

豚骨や鶏ガラで取った白濁気味のダシに醤油タレを合わせた、とんこつ醤油スープのラーメン。

太麺にほうれん草、チャーシュー、海苔が定番トッピングで、水色の丼で提供するお店が多数。

横浜市で開店した吉村家が発祥店。暖簾分けで広がり市内に約150店舗、国内外で1000店舗超。

〇〇家という名前のお店が多いため家系(いえけい)と呼ばれます。

鎌倉市のグルメ

02.しらす、しらす丼

しらす、しらす丼写真 鎌倉駅の小町通り沿い「新荘園」の汁なし坦々麺しらす乗せ

相模湾と湘南海岸ではシラスの水揚げが多く、特に鎌倉と江の島のグルメとして有名。

イワシなどの稚魚をしらすと呼び、透明感のある生しらすを使用した「生しらす丼」や、釜あげで白い身になった「しらす丼」を楽しめます。

03.サザエ

サザエ写真 浦賀の海岸線沿いレストラン「風」で地サザエパスタ

横須賀市や三浦半島で採れる名物のひとつ、サザエ。定番のつぼ焼きなどの食べ方だけでなく、パスタなどでも提供するお店があります。

初夏から秋にかけて漁師による素潜りで、素手や磯金で採られます。

夏の食材のイメージが強いですが、夏は産卵期のため旬は冬から春にかけてと言われます。

三浦市のグルメ

04.みさきまぐろ

マグロ写真 久里浜アーケード街「一升屋」で地魚のっけ丼のマグロ

三浦半島の先端にある三崎港では、室町時代に漁業が始まり昭和の初めにマグロ漁が盛んに。

小網代の森や城ヶ島散策を楽しめる三浦半島。寿司やまぐろ丼を提供するお店も多いです。

海老名市のグルメ

05.海老ラーメン

海老ラーメン写真 海老名のビナウォーク内「古寿茂」の海老なラーメン

海老名に最近増え始めた、海老を使用したラーメン。桜エビなど小さい海老を使用し、濃厚な味噌のスープで提供するお店が多いです。

特に歴史があるわけではなさそうで、海老名という地名から海老ラーメン提供店が登場。

海老名駅のビナウォークや、東名高速道路の海老名サービスエリアなどにお店があります。

厚木市のグルメ

06.厚木シロコロホルモン

厚木シロコロホルモン写真 本厚木の焼肉居酒屋「とび蔵」のシロコロホルモン

厚木市を中心に提供されるホルモン焼き料理で、2008年のB-1グランプリ優勝で一躍有名に。

一般的に腸を割いてボイルして提供されるホルモンですが、厚木では管状のまま割かずに生のまま提供されており柔らかく脂が豊富です。

戦後に本厚木駅周辺でホルモン焼き店が増えたことで、新鮮なホルモンが流通しやすい土地柄。

秦野市のグルメ

07.相州落花生

相州落花生写真 新松田駅前にある「煎豆屋」で春の名物さくら豆を購入

日本の落花生栽培の発祥は神奈川県西部と言われており、明治時代に横浜で売られていた落花生の種子を育てたのが始まりとされています。

秦野市、二宮町、大磯町のそれぞれで発祥の地を主張しており、豆菓子の販売も盛んです。

まとめ

神奈川県以外でも楽しめる横浜家系ラーメンを筆頭に、鎌倉のしらす丼や三浦半島のマグロなど魚介類も楽しめる立地。
厚木シロコロホルモンなど内陸でも名物があります。

以上、神奈川県全般のご当地グルメ特集でした。