江戸前寿司

流行りの情報にあふれる東京都。あまり話題になりませんが、ご当地グルメや郷土料理もしっかり存在するのをご存知でしょうか?

江戸を象徴する寿司やもんじゃ焼き、23区以外でも八王子ラーメン、離島にはべっこう寿司など様々な郷土料理があります。

今回は東京都(23区内、市町村、離島)のご当地グルメを紹介していきます。

東京23区内のグルメ

01.もんじゃ焼き

もんじゃ焼き写真 おべった文化の八王子にて「三喜」のもんじゃ焼き

小麦粉を水溶きした水分多めの生地を、鉄板の上に流すように並べて焼いた料理。

生地にソースなどで味付けがされており、古くは東京下町の駄菓子屋で子どもに人気だったもの。現在はキャベツなど具材が豊富な食事です。

諸説ありますが、昭和20年代の浅草が発祥で関東各地に広がったと言われています。現在は月島の名物として知名度が高いです。

02.江戸前寿司

江戸前寿司写真 上野の大通り沿い「築地すし鮮」の上にぎり寿司9カン

せっかちな江戸っ子が好む食べ方として江戸時代に生まれた、握り寿司。

埋め立てられる前の東京湾は江戸前の海と呼ばれた漁場で、江戸時代に生産され始めた食酢のご飯に新鮮な魚を乗せた歴史ある郷土料理です。

戦前は立ち食いスタイルだったと言われ、巻きずしや軍艦巻きなど素材に合わせた工夫も生まれて今に至ります。

03.ちゃんこ鍋

ちゃんこ鍋写真 両国駅の有名店「江戸沢」で鶏肉のちゃんこ鍋を堪能

醤油、味噌、塩などのスープで肉類と野菜類を煮込んだ鍋料理。特に鶏肉や魚介類が用いられ、醤油系で鶏肉を煮込むのがベースとされます。

大量に調理できて栄養のバランスが良く大人数で鍋を囲う連帯感もできることから、明治時代から相撲部屋の代表的な料理に。

相撲の聖地「両国国技館」のある両国駅の周辺にて、一般客向けのちゃんこ鍋店が並びます。

04.電気ブラン

電気ブラン写真 今も存在する浅草「神谷バー」にて電気ブランをショットで

明治時代に誕生した、ブランデーをベースにしたアルコール飲料。当時は45度のアルコール度数を誇り、電気のようにしびれることから命名。

浅草の神谷バーの創業者「神谷伝兵衛」が明治期に作り、今でも材料の詳細や配合は非公開。30度と40度の製品が今は売られています。

太宰治の小説「人間失格」にも登場するお酒として、100年以上愛されている東京の名物です。

05.谷中メンチ、谷中コロッケ

谷中メンチ、谷中コロッケ写真 谷中の名店「いちふじ」のメンチを購入して食べ歩き

東京の下町のひとつとして、谷根千エリア散策のルートとして人気の谷中銀座。

古いたたずまいで幾つか存在する精肉・惣菜店における名物が「メンチカツ」です。

安価さもあって行列ができる定番の食べ物として食べ歩きできる食材です。

東京39市町村のグルメ

06.深大寺そば

深大寺そば写真 調布深大寺「鈴や」でざるそばと天丼のセットをオーダー

調布の人気観光地、深大寺(じんだいじ)。門前通りを中心に20店ほど蕎麦屋さんが存在し、深大寺そばとして知名度が高いです。

水はけが良い土地と湧き水があったことで、江戸時代から蕎麦の栽培が盛んだった深大寺周辺。

現在は蕎麦畑をつぶして神代植物公園を開園したことで地元産のそば粉を使用することは無くなりましたが、観光客向けのそば屋が賑わいます。

07.八王子ラーメン

八王子ラーメン写真 八王子市街「やまん家」で刻みタマネギの八王子ラーメン

刻みタマネギを乗せるのが最大の特徴となる、鳥ガラダシの醤油ラーメン。

1959年に八王子の子安町に移転して総菜屋からラーメン店へと転身した「初冨士」が発祥店とされています。

刻んだタマネギの苦味を抑えるためにラード、油脂を使用するのも特徴です。

08.八王子ナポリタン

八王子ナポリタン写真 八王子市街「カフェドクレア」の八王子ナポリタン

刻みタマネギが乗り、カゴメの協賛によるケチャップを活用したご当地ナポリタン。

刻みタマネギが乗る八王子ラーメンをリスペクトして開発されたものです。

大学が21もある学園都市の八王子にて、約10万人の学生たちにお腹一杯食べてもらいたいという想いが込められたメニューです。

09.稲城の梨

稲城の梨写真 稲城駅近くの鶴川街道沿い「川清園」の梨を購入

多摩エリアの稲城市は梨とブドウが特産品で、とりわけ稲城の梨は知名度が高いです。

梨の直売を行う梨園が多く、8月中旬から10月上旬にかけて様々な梨が販売されます。

大きい身の品種もあって贈答用にも用いられ、中でも生産量が少ない品種「稲城」は幻の梨と言われます。

10.奥多摩のそば

奥多摩のそば写真 奥多摩の御岳山「駒鳥売店」で名物のとろろそば

自然豊かで渓流のある奥多摩エリアでは、美味しい水による蕎麦のお店も多いです。

JR青梅線と青梅街道のある青梅~奥多摩間に老舗や古民家の店が点在し、御岳山の御岳神社参道の名物「とろろそば」もあります。

11.べっこう寿司、べっこう丼

べっこう寿司、べっこう丼写真 伊豆大島の元町港「寿し光」でマグロのべっこう丼

唐辛子醤油に漬けた魚の切り身「べっこう」は、寿司や丼で楽しむ伊豆諸島の郷土料理です。

島とうがらしと呼ばれる青とうがらしを用いた唐辛子醤油を用いることで、べっこう色のツヤある身になることが名前の由来。

白身魚、マグロ、サーモンなど様々な魚で作られるもので、20分ほど漬けて完成です。

まとめ

情報があふれる東京では、なかなか郷土料理にスポットが当たりにくいもの。それでも、こうして調べてみると下町ならではの馴染みのある料理も多いものです。

以上、東京都全般のご当地グルメ特集でした。