津田沼の洋食

九十九里浜や鴨川など房総半島に観光地の多い千葉県ですが、どんなグルメがあるでしょうか?

海に面した町が多くて各地で漁獲される名物も異なり、いろいろな魚介系グルメがあります。そして、落花生やメロンといった農産物も。

今回は千葉県のご当地グルメを紹介していきます。

千葉県全域のグルメ

01.なめろう

なめろう出典 https://www.oishii-wa.jp/gtochi/tiba.html

アジ、サンマ、イワシ、トビウオなどの青魚を使用し、味噌、ネギ、ショウガなどの薬味と合わせて包丁で粘りが出るまで叩いたもの。

今は全国的に食べられていますが、もとは房総半島の郷土料理。古くは漁のために沖へ出た船の上で作られた漁師料理です。

最後は皿を舐めるほど美味しいことから「なめろう」という名前が付いたと言われます。

02.さんが焼き

さんが焼き出典 http://kyoudo-ryouri.com/

先述の「なめろう」をアワビの殻に入れて蒸し焼きにした、房総半島の郷土料理。

料理の名前「さんが」とは千葉の方言で「山の家」という意味。

もとは漁師による海沿いの料理であるなめろうを内陸や山でも楽しめるよう考案された料理です。

03.まご茶漬け

まご茶漬け出典 http://okomeguide.jp/original111.html

醤油やみりんに漬けた刺身をご飯の上に乗せて、お茶やダシをかけて食べる外房の郷土料理。アジやカツオが主に使用されます。

もとは漁師の料理として漁に出た船の上で作ったものと言われており、孫に食べさせたいくらい美味しいのが名前の由来だとか。

船橋市のグルメ

04.すずきめし

すずきめし出典 http://myfuna.net/

魚のスズキの漁獲量が日本一の千葉県の中で、1位の漁獲量を誇る船橋市。スズキを使用したグルメとして2013年に開発された、すずきめし。

グルメイベント優勝のオリジナルすずきめしは、スズキとホンビノス貝のダシで作った炊き込みご飯を揚げたライスコロッケ。

他にも各飲食店が趣向をこらした創作料理のすずきめしが存在します。

[提供店一覧] MyFunaねっと 提供店一覧
[店舗分布] 市内25店舗(さらに増加中)

勝浦市のグルメ

05.勝浦タンタンメン

勝浦タンタンメン出典 http://katsutan-sendan.com/

醤油ベースのラー油による赤くて辛いスープが特徴のタンタンメン。

具材としてみじん切りのタマネギと挽肉を入れるお店が多く、ニンニクやニラなどスタミナが付く素材を入れるなど各店がオリジナル性を発揮。

漁師や海女が海で仕事をした後で、冷えた体を温める辛い料理として食べられてきたもの。2015年のB-1グランプリで優勝しました。

[提供店一覧] 勝浦タンタンメン船団 提供店一覧
[店舗分布] 市内42店舗

東庄町(香取郡)のグルメ

06.しじみ丼

しじみ丼写真 http://maruchiba.jp/

利根川が流れる東庄町では大粒のしじみが採れ、古くは全国の5割以上を誇る一大漁獲地。

2000年頃に町おこしとして青柳亭が始めたメニューで、しじみ、たまねぎ、卵に地元産醤油を用いて味付け。

現在は漁獲量が激減しているため、漁獲タイミングが合えば地元産しじみ使用で食べることができます。

南房総市のグルメ

07.くじら料理

くじら料理出典 https://www.mboso-etoko.jp/

関東唯一の捕鯨基地を持つ和田町では、調査捕鯨で捕獲したツチクジラやゴンドウクジラを利用してクジラ料理を提供する料理屋が多いです。

6月末〜8月末の漁期には港で解体も行われ、タレ漬けで天日干するくじらのたれ作りの光景も。

竜田揚げ、刺身、ベーコン、くじら汁などが飲食店で提供されています。

[提供店一覧] 南房総いいとこどり 提供店一覧
[店舗分布] 市内に加盟店12店舗、他あり

08.おらが丼

おらが丼出典 http://www.kamonavi.jp/ja/food/oragadon.html

地元産の肉、魚介、野菜を使用して各店オリジナルの具材で楽しめる鴨川の丼ぶり。

海の街として魚介類の丼が多く、なめろう、卵、山菜などが乗った丼や重箱もあります。

房州の方言で「我が家」を意味したネーミング。専用ののぼりを各店に掲げて「丼のまち鴨川」の統一感を持たせつつ、各店の意思を尊重。

[提供店一覧] かもがわナビ 提供店一覧
[店舗分布] 市内39店舗

まとめ

海に面した街が多い千葉県では、各市町村で名物となる魚があり魚介類のグルメが豊富。
漁師による工夫がこらされた郷土料理も多く、内房から外房まで色々なグルメを楽しめます。

以上、千葉県全般のご当地グルメ特集でした。