あきたこまち、日本酒など豊かな米どころ秋田。

塩辛い味付け、甘い味付けなど偏りがちとも言われる秋田県の味覚ですが、それも魅力のひとつ。

冬にジワリとくる甘さと塩気の一品に日本酒を添えるのがたまらなく良いものです。

今回は秋田県で特に「現地の飲食店やお土産でいただける」ご当地グルメを市単位に紹介していきます。

秋田県全般のグルメ

まずは、特定の市ではなく秋田県全般のグルメと位置付けられている名物を紹介していきます。

01.ハタハタ

スズキ目に属する、秋田県の県魚。ウロコを持たない深海魚で、カミナリウオ、シロハタとも呼ばれます。

主に日本海側で食べられており、煮魚、焼き魚、干物など色々な食べ方で楽しまれています。

「しょっつる」と呼ぶ魚醤(醤油)にも加工されて、秋田名物「しょっつる鍋」の味付けにも用いられます。

02.ハタハタ寿司

秋田名物の魚「ハタハタ」を寿司にしたもの。握り寿司や押し寿司ではなく、発酵させた「なれ寿司」の一種です。

塩漬けのハタハタを水で塩出しし、麹を混ぜたご飯、カブ、ニンジン、昆布などを入れて桶に詰めて3~4週間くらい漬けて出来上がり。

旧来の作り方ではお酢やお酒を使用しないため、酸っぱさが弱く食べやすいとも言われています。

03.だだみ

主に秋田県、山形県の庄内、新潟県など日本海沿いで食べられている、鱈(たら)の白子。

秋田県では「だだみ」という呼び方が一般的。

とろりとしたクリーミーな食感に、ふわりと優しく淡白な味わい。刺身、天ぷらなど色々な食べ方があります。

04.ぼだっこ

秋田県では塩辛い鮭を「ぼだっこ」と呼んでいます。

コンビニなどでは鮭のおにぎりが2種類置かれており、塩気のある鮭おにぎりが「ぼだっこ」と記載されます。

塩粒が浮くほどに辛いとも言われており、しょっぱい味付けを好む秋田県らしいこだわりです。

05.とんぶりとろろ

畑のキャビアとも呼ばれる、ほうき草の種子「とんぶり」。9月下旬頃に収穫されます。

秋田県の名産でかつては地元で食べられていましたが、パックや瓶詰め加工により県外にも流通するようになりました。

色々な食材に添えられますが、特にとろろ芋のとろろを用いた「とんぶりとろろ」は居酒屋などでもよく見かける地元名物です。

06.エゴ刺し

秋田県や山形県の海沿いで食べられる、海藻「エゴ」。

寒天のように固めたエゴを短冊状に切って並べ、酢味噌やゆず味噌でいただく珍味です。

刺身こんにゃくのような見た目ですが、寒天のような淡白な味わい。ほのかな磯の香りを持ちます。

07.ギバサ、ギバサ酢

全国的には「アカモク」と呼ばれる海藻。

秋田県では定番の食材のひとつで、野菜の収穫が困難だった冬場に多く採れる海藻として重宝した歴史があります。

緑色の葉と茎でツルツルネバネバの食感。磯の豊かな香りとダシっぽい味わいがしっかり乗り、酢の物としていただく他に味噌汁の具としても用いられます。

冬場に多く出回る食材ですが、5月下旬~6月上旬が一番美味しいという情報も。そして、宮城県では擬人化キャラになっているそうな。

秋田市のグルメ

秋田県の中心となる秋田駅を持つ秋田市。川反(かわばた)繁華街を筆頭に秋田県全般のグルメが集結しています。秋田市の名物B級グルメ「秋田かやき」はお祭りも行われるほど。みたらしプリンも名物です。

能代市のグルメ

県北に位置する能代(のしろ)。バスケットボールが盛んで「バスケの街」と呼ばれる能代のグルメを紹介していきます。

08.豚なんこつ

能代の居酒屋の定番。本来は硬くて食べられない部位とされた、豚のひざ軟骨(なんこつ)。

赤身付きの軟骨を包丁で叩いてから衣揚げや素揚げをした、能代民の工夫で出来た一品です。

硬くてコリコリとした軟骨とジューシーな肉部分を楽しめて、お酒を添えて食べるのにピッタリ。塩コショウの味付けのままで美味しく、タレにつけて食べるのもアリです。

【提供店一覧】 能代豚なんこつマップに20店舗ほど記載あり。
【店舗分布】 不明。能代駅付近に多数あり。

09.馬肉料理、馬肉ラーメン

能代駅の東に位置する二ツ井駅エリアの名物。

馬肉の料理が幾つかある中で、知名度が高いのが馬肉ラーメン。脂肪分少なめのヘルシーな馬肉が乗り、臭みなく食べやすいと評判。

スープは店舗によって異なると思いますが、濃いめの醤油が使用されます。

大館市、北秋田市のグルメ

10.比内地鶏

秋田県北部の名産で、秋田県全域でいただける全国区の地鶏。

かつて硬い食感だった比内鶏を交配で品種改良したのが現在の比内地鶏となっています。

焼き鳥や鶏料理として柔らかい身を堪能でき、肉だけでなく卵も活用した親子丼を提供するお店もあります。

11.比内地鶏ラーメン

比内地鶏はダシとしても重宝されており、ラーメンやきりたんぽ鍋など多彩に利用されます。

秋田県では醤油ラーメンが主流となっており、名産の比内地鶏で採ったダシの醤油ラーメンが広く扱われています。

12.きりたんぽ、みそたんぽ

潰した粳米を杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外した竹輪状のご飯。

棒から外しただけの「たんぽ」を半分以上に切り分けた状態で「きりたんぽ」と呼ばれます。

秋田県全域で提供されていますが、もともとは大館市周辺の郷土料理とされています。

そのまま食べるだけでなく、味噌を付けてさらに焼いて食べることもあります。

13.きりたんぽ鍋

きりたんぽの定番の食べ方は、やはり鍋です。

濃口醤油を用いた醤油味のスープに、鶏ガラのダシと鶏肉が用いられます。かつては比内鶏、現在は比内地鶏やブロイラーなどが用いられます。

ゴボウ、マイタケ、きりたんぽ、ネギ、セリを入れるのが定番。最後に卵とご飯でおじやをいただくのも乙。

県北地域のマタギによる料理が起源など諸説あり、発祥は鹿角市で本場が大館市などルーツが曖昧ではあります。

鹿角市のグルメ

北東部で県境に八幡平(はちまんたい)高原を持つ、鹿角(かづの)。こしあん入りの餅を鶏卵に見立ててすまし汁に浮かべた「けいらん」が名物です。鹿角ホルモン、鹿角そばもあります。

潟上市、三種町のグルメ

八郎潟を有する潟上市の周辺は、だまこもち、だまこ鍋の発祥地とされています。

14.じゅんさい

三種町(みたねちょう)、森岳エリアで採れる海藻。

湖に小船を出して手で採取する女性の姿は観光パンフレットにも用いられ、収穫体験もできるそうです。

ゼリー状の膜で覆われた植物で、ツルッ、プルッと滑らかな食感を楽しめます。

男鹿市のグルメ

日本海に突き出した男鹿半島(おがはんとう)は、入道崎灯台など風景を楽しめる名所があります。熱した石を鍋に入れて煮立てる「石焼き料理」などを楽しめます。

15.男鹿しょっつる焼きそば

ハタハタを加工して作った醤油「しょっつる」を気軽に楽しめるよう「焼きそば」として開発された、ご当地B級グルメ。

しょっつるベースの塩味としょうゆ味があり、麺には粉末ワカメと昆布ダシが練り込まれた若草色で磯香る特製麺が用いられています。

具材に肉を使わない海鮮焼きそばで、タレと麺以外は男鹿半島に点在する各店のオリジナルです。

由利本荘市のグルメ

羽後本荘駅を中心に広がる由利本荘市のグルメ。本荘うどん、松皮もち、粉なます、鳶茸茶、夕顔汁、いものこ煮、いちじく甘露煮、本荘ハムフライ、赤い餃子など郷土料理が多数あります。

にかほ市のグルメ

仁賀保(にかほ)市。松尾芭蕉の句にも詠まれた象潟(きさかた)などの名所とともに、象潟漁港の魚が豊富。海草「エゲシ」の味噌汁や、県内最大のいちじく産地として「いちじく甘露煮」も名物です。

大仙市のグルメ

花火大会で有名な大曲(おおまがり)を中心とした大仙市(だいせんし)。大曲の納豆汁が有名です。

仙北市のグルメ

桜と武家屋敷で有名な角館(かくのだて)や、神秘的な田沢湖を持つ仙北市(せんぼくし)。あいがけ神代カレーというB級グルメがあります。

横手市のグルメ

青春映画「青い山脈」の作家、石坂洋二郎の記念館がある横手。十文字ラーメンなどグルメが幾つかあります。

16.横手やきそば

B-1グランプリ優勝の経歴を持つ、横手市が誇るB級グルメ。

甘口傾向の出汁入りウスターソースで味付けされており、お店によっては汁焼きそばの形で提供されることも。

茹でたストレート角麺に、キャベツ、豚挽き肉。片面焼きの目玉焼きは黄身を崩して絡めて食べます。福神漬けが付くのも特徴。

17.笑子豚

株式会社菅与が手掛ける牧場で育てた、地元のブランド豚。正式名称は、エコの森 笑子豚(エコブー)。

地元産の稲庭うどん、納豆、パンなどをエサにしたリキッドフィーディングで育てるという、日本で数%しか飼育されていない地球環境に優しい豚です。

柔らかい肉質、脂の甘さと旨みが特徴。カロリー、コレステロールが低いヘルシーな豚肉です。

湯沢市のグルメ

越後湯沢ではなく秋田県の湯沢。小野小町生誕地の言い伝えが残るこの地のグルメを紹介します。

18.いぶりがっこ

主に県南の内陸部に伝わる、大根を囲炉裏の上に吊るして燻煙乾燥させた漬物。

燻製の香りが豊かな沢庵(たくあん)で、表面の茶色がかった色合いも特徴。

大根以外が用いられたものも総称して「いぶりがっこ」と呼ぶこともあり、最近では横手市で「いぶりにんじん」も登場。

元は湯沢市の漬物屋「雄勝野きむらや」が販売した、いぶり漬けの商標名。秋田弁で燻した(いぶり)漬物(がっこ)の意味です。

19.稲庭うどん

手延べ製法の干しうどんで、日本三大うどんのひとつ。

冷や麦より少し太くて黄色がかった、乾麺タイプ。滑らかな食感は冷で涼しくいただくのに向いており、温かくして食べることも。

でん粉を打ち粉として使用し、乾燥前に潰して平ら状にするのが特徴と言われています。

稲庭村(現在の湯沢市)で1600年代に作られたとされています。

まとめ

観光では地味と言われがちで人口100万人を割ってしまった秋田県ですが、ことグルメに関しては宝庫と呼べる県。

塩気の強いものから、あっさりしたものまで。お酒に添える一品が豊富なので、秋田の銘酒とあわせて堪能したいものです。

そういえばババヘラってアイスがありますね。夏場に道路沿いでパラソルを見かけたら立ち寄って購入してみるのも良いです。

ということで、秋田県全般のご当地グルメ特集でした。