仙台牛タン焼き

しばしば東北の中心地として紹介される仙台を持つ宮城県ですが、どのようなグルメがあるかご存知でしょうか?

定番は牛タンですが、松島など牡蠣の一大産地でもあります。他にも有名なグルメが幾つか存在し、海の幸から肉類まで幅広いです。

今回は、宮城県のご当地グルメを紹介していきます。

宮城県のグルメ分布図

宮城県のグルメはこんなに豊富!番号順に紹介していきます。

宮城県グルメ分布図


宮城県全域のグルメ

01.牡蠣

牡蠣写真 松島海岸「お魚プロジェクト」の大きい生牡蠣4粒

国内でも有数の牡蠣の産地、宮城県。1600年代の天然牡蠣から養殖へと推移した歴史ある松島の牡蠣が有名です。

その一方で、万石浦や牡鹿半島など県内トップの生産量を持つ石巻や、少量ながら質の高さで評価されている気仙沼も産地となっています。

仙台市のグルメ

02.牛タン焼き

牛タン焼き写真 仙台駅前「味の牛たん 喜助」でコースの牛タン焼き

牛の舌を焼いた牛タン。仙台では焼肉メニューではなく定食やお酒を添えて楽しめる牛タン専門店が沢山存在し「仙台牛タン」と呼ばれます。

戦後のGHQ占領期に食料難だったことから、廃棄となる牛の舌を活用したのが由来。

同じく牛の尾を利用したテールスープ、コメ不足対策の麦飯による定食式が今でも定着。

03.牛タン料理

牛タン料理写真 仙台市街「陽だまり食堂」でデミグラスの牛タンオムライス

仙台では牛タン焼きが名物ですが、焼きだけでなく様々な調理法も見られます。

洋食屋さんの牛タンシチュー、ラーメン屋さんの牛タンラーメン、など。臭みが出やすい部位ゆえ各店で工夫が凝らされています。

居酒屋でも牛タンのたたき、刺身、つくねなどコースで提供するお店もあります。

04.冷やし中華

冷やし中華写真 仙台市街の発祥店「龍亭」で涼拌麺と呼ばれる冷やし中華

冷やし中華は、実は仙台が発祥。今でも存在する発祥店など名店が点在します。

昭和12年、冷房の無い時代。夏の暑い時期に熱々の中華料理は売上が悪いことから、冷たい麺料理として開発したもの。

麺とともに食べやすく細切りにした具材、清涼感ある彩りなどの工夫により今の姿に至ります。

05.ずんだ、ずんだ餅

ずんだ餅写真 大崎市に本店を持つ「もちべえ」で餡たっぷりのずんだ餅

枝豆をすりつぶして餡状にした「ずんだ」は甘味を中心に使用され、特にずんだで餅を包んだ「ずんだ餅」が有名です。

南東北で広く名物とされており、特に仙台ではずんだ餅が代表銘菓とされています。

古くはお盆やお彼岸として米農家などで作られていたものです。

06.笹かま

笹かま写真 仙台市街の居酒屋「ああ松島家」で笹かまに日本酒を添える

笹形の枠にすり身を入れて作る、笹の葉の形をしたかまぼこ。明治初期に仙台でよく採れたヒラメを保存食にする目的で作られました。

仙台市で創業した阿部蒲鉾にて、旧仙台藩主の伊達家の家紋に笹が使われていることから「笹かまぼこ」と呼ばれることに。

旧仙台藩地域の名産品ですが、仙台駅のお土産として地位を確立しました。

松島市のグルメ

07.穴子

穴子写真 塩釜の寿司屋「大黒寿司」で寿司とセットの穴子寿司を堪能

多くの島を持つ松島湾はあなごの生育に向いており、牡蠣とともに松島の名物とされています。

松島名産の牡蠣の旬が冬であることに対して、穴子は7月の最盛期を中心とした夏を旬として漁獲が行われます。

天ぷらで調理した穴子天丼や、煮込んで作る煮穴子などの食べ方で楽しめます。

登米市のグルメ

08.油麩、油麩丼

油麩丼写真 登米の大衆食堂「つか勇」で楽しむ麩を使用したあぶらふ丼

小麦粉のグルテンを植物油で揚げた、油麩(あぶらふ)は登米の名産品。

細長い油麩は輪切りにして様々な料理に使用しますが、登米のグルメとして油麩丼が市内約11店舗で提供されています。

30年ほど前に地元の旅館で考案されて、食事メニューとして新たな地位を確保した油麩丼。かつ丼と似た調理法で油麩を使用したものです。

09.はっと、はっと汁

はっと写真 登米の食堂「つか勇」で麩を使用したはっと汁

小麦粉に水を加えて練り固めた生地を使用した郷土料理、はっと。

醤油などで仕立てた汁にはっとを入れた「はっと汁」も古くから登米の名物となっています。

登米の油麩も具材のひとつとして活用され、地域によって味付けや具材は異なります。

気仙沼市のグルメ

10.ふかひれ、ふかひれ丼

ふかひれ写真 震災で閉店した気仙沼ホテル1階「ゑびす振舞」のフカヒレ

フカヒレ生産日本一の気仙沼。江戸時代末期からサメの水揚げと加工が盛んで、サメのヒレを使用したフカヒレが名物となっています。

気仙沼市内の13店舗で提供される「気仙沼ふかひれ丼」をはじめとして、あんかけ等で楽しめるフカヒレや寿司屋のネタとしても楽しめます。

栗原市のグルメ

11.栗原高原牛、くりこま漢方和牛

栗原高原牛写真 前沢

宮城県の北部、広くて自然豊かな栗駒山の山麓でのびのびと育てられた牛。

栗原高原牛は兵庫牛の血統を持ち、約120ヘクタールの広さを持つ深山牧場などで草を食べる牛たちを見ることができます。

そして、栗原市内の牧場で餌に14種類の漢方草を自然配合して与え育てた、くりこま漢方和牛も魅力。赤身が多くて柔らかいのが特徴です。

まとめ

仙台の三大名物「牛タン、ずんだ、笹かま」を筆頭に、いろいろな地域で郷土料理が豊富な宮城県。
松島などの牡蠣や気仙沼のフカヒレなど、全国随一の産地として名高い名物もあるのが魅力的です。

以上、宮城県全般のご当地グルメ特集でした。