青い空に緑の山々、そして色鮮やかな花が咲き誇る花畑。

国内には楽園とも言える美しい花畑が沢山あることをご存じでしょうか?

彩り豊かな花が一面に広がる光景は、見る人を圧倒する魅力があります。今回は春夏秋冬の季節を追って、花の種類ごとに花畑を紹介していきます。

はじめに、花畑の魅力

花を見るために観光地へ足を運ぶ習慣が無い人って結構多いと思いますが、実はもったいない。

特に一眼レフを持つと雄大な自然の撮影が楽しくなり、彩り豊かな花畑の撮影が俄然面白くなります。開花時期にフォトコンテストを開催している名所も多く、いい天気の日と満開時期を狙うのも楽しいものです。

また、アスレチック系遊具や広場を持つ公園に花畑が整備されていることもあり、子連れの家族に人気。子どもを公園で遊ばせた後に、花を背景にして子どもの記念写真を撮る親御さんも結構見かけます。

写真撮影にハマると面白くなる、観光花畑の分野。撮影した写真を知人に見せると結構反応も良く、話のネタとしてもオススメできます。

春の花 -Spring-

01.菜の花(3~5月頃)

一面に黄色の花を咲かせる陽気な春の代名詞、ナノハナ。

山合いの畑だけでなく海沿いの畑など、様々な場所に存在する菜の花畑。春のお祭りとして菜種油などの製品が販売されることもあります。

埼玉県の権現堂堤など、桜と菜の花が同時に咲き誇る名所を狙うのもオススメです。

【写真】 のこのしまアイランドパーク(福岡県)
【名所】 浜離宮恩賜庭園(東京都)、幸手の権現堂堤公園(埼玉県)、房総フラワーライン(千葉県)、二宮の吾妻山公園(神奈川県)、河口湖の大石公園(山梨県)

02.桜(4月頃)

卒業、入学、お花見シーズンの定番。春の訪れを感じる、ピンク色に染まる桜並木は綺麗なもの。

有名な桜スポットの多くは人工的に植えたソメイヨシノの傾向が高く、綺麗に整備された桜を楽しめます。

その一方で昔からの桜がそのまま残る吉野の千本桜は圧巻で、一面に桜の木が敷かれる山は壮大なものです。

【写真】 吉野山の千本桜(奈良県)

03.芝桜(5月頃)

桜の時期が過ぎた後、ピンクの花の鮮やかさを楽しめるのが芝桜。

緑の芝生状態から次第にピンクの絨毯へと色づいていき、満開時の色濃さのインパクトが素晴らしいもの。

紫色に近いピンクや白の芝桜もあるため、単一の色ではなく色の使い分けによる美しさをうまく写真に収めたいところです。

【写真】 館林市 ザ・トレジャーガーデン
【名所】 秩父市の羊山公園(埼玉県)、河口湖町の富士芝桜まつり(山梨県)

夏の花 -Summer-

04.あじさい(6月頃)

梅雨の時期にしっとりと楽しめる、あじさいの花。

水色、青、ピンク、紫などの淡い色をした花たちに落ち着きを感じ、散策路の左右のあじさいを見ながらゆったり歩くのも楽しいものです。

淡い色をした球状の花は、遠近や絞りを活用してボケさせた撮影にも向いています。

【写真】 吉備津神社(岡山県)

05.ひまわり(7~8月頃)

爽やかな夏の青空に似合うのが、黄色くて大きい花を咲かせるひまわり。

太陽の方向を向いて咲くと言われていますが、遮るものが無い立地で成長しきると東に顔を向けた状態で固定されます。

そのため、花の正面に対して順光となる午前に来訪するのがオススメです。

【写真】 喜多方市の三ノ倉高原スキー場(福島県)

06.ダリア(8~10月頃)

キク科の花として夏から秋を彩る、ダリア。

大きく16種類に分類されるとも言われており、様々な色と形の花がひとつの畑に咲き乱れることから彩り豊かさでは随一と言える花です。

花が大きめで満開時の密集感があるので、撮影としては比較的向いている楽しい花。暑さに弱いため、真夏を避けた少し涼しい時期の方がオススメです。

【写真】 遊園地ぐりんぱ(静岡県)
【名所】 両神山(埼玉県)

07.百日草・ジニア(7~11月頃)

キク科で花の色や咲き方も様々なため、ダリアと比較されることもある花。

直立した茎が特徴のひとつ。名前のとおり100日以上と長く咲いている花ゆえ、長い期間楽しめるのが魅力です。

【写真】 富士花めぐりの里(静岡県)

秋の花 -Automn-

08.ケイトウ(9~10月頃)

天に向かって尖って咲く花が鶏の頭(トサカ)に似ているため、鶏頭(けいとう)と呼ばれる花。

赤、黄、紫のコントラストが高い色の花で、接近して撮影すると樹林帯のミニチュアのように撮れるのも面白いところです。

写真は羽毛ゲイトウ。国内ではケイトウの花畑は比較的少ない傾向にあります。

【写真】 武蔵丘陵森林公園(埼玉県)

09.コキア

ほうき草とも呼ばれる、見た目は草とも言える花。

黄緑色の球状でモフモフとした姿ですが、秋になると大きくなるとともに紅葉して温かみのある紅色になります。(写真は9月上旬で紅葉しかけの時期)

【写真】 富士花めぐりの里(静岡県)
【名所】 国営ひたち海浜公園(茨城県)

10.キバナコスモス

コスモスよりも少し開花時期が早い傾向のある、黄花(きばな)コスモス。

黄色、オレンジ色の花を咲かせますが、花畑では密集度が低いことが多いため綺麗に撮影するのに苦労します。

【写真】 浜離宮恩賜庭園(東京都)

11.コスモス

ピンクや紫の花を可憐に咲かせる秋の定番の花、コスモス。

キバナコスモスと同様、花畑では密集度が低いことが多いため草の緑の色合いをうまく回避するよう撮影に気を付ける必要があります。

【写真】 浜離宮恩賜庭園(東京都)
【名所】 黒姫高原(長野県)

12.彼岸花

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれる、秋の定番の花。

大きく反り返る赤い花弁と、細長くてピンと伸びる赤い葉は独特で妖しい雰囲気も。日本では忌み嫌う文化もありますが、埼玉県や愛知県では観光として人気の高い花です。

基本は赤ですが、福岡県には珍しい白い彼岸花も存在します。

【写真】 半田市の矢勝川彼岸花(愛知県)
【名所】 高麗・日高の巾着田(埼玉県)

13.サルビア

秋の風物詩、サルビア。

赤いサルビアが定番ですが、ラベンダーのような色合いが綺麗なブルーサルビアもあります。

写真は森林公園のブルーサルビアで、満開には程遠い時期です。

【写真】 武蔵丘陵森林公園(埼玉県)
【名所】 マザー牧場(千葉県)

14.そば(蕎麦)

白い群生の広がる、そばの花。

若干地味ではありますが、葉の緑がほのかにかかった白い絨毯でふんわりとした感じに見えるのが素敵なところ。

赤い花を咲かせる珍しい「赤そば」の名所もあります。

【写真】 信濃大町の中山高原(長野県)

15.米、棚田

秋に黄金色が広がる稲穂が綺麗な田んぼ。どこにでもあるけれど、日本の元風景としておだやかな気持ちになれる温かい光景です。

平地で広い畑も良いものですが、観光としては斜面にある棚田での撮影がひとつの名物となっています。

【写真】 信濃大町の稲尾駅(長野県)

まとめ

花畑と言っても以上のように様々な種類があり、色と形によって全体を俯瞰して撮影したときの印象が大きく異なるものです。

花に興味を持つと観光が断然面白くなります。季節限定だからこそ「この時期にこの場所へ行こう」と観光の選択肢が増えていき、国内旅行を長く楽しむことができます。

ということで、国内の魅力をもっともっと知ることができる花畑の紹介でした。