甲信越(山梨、長野、新潟)の有名なファミレス、チェーン店といえば、どのお店を思い浮かべるでしょうか?

甲信越と一括りにしても県によって異なるもの。果物とデザートの強い山梨県、ファミレス系の強い長野県、米処と日本海の魚を有する新潟県と特色が分かれます。

今回は、そんな甲信越エリアに存在するチェーン店を一挙に紹介していきます。

山梨県のご当地チェーン店

01.シャトレーゼ(山梨県)

甲府市に本社を持つ洋菓子販売店。山梨県の白州工場は見学可。店名はフランス語で「ぶどうの城」という意味。

菓子、アイスクリームの販売を経て1967年にシャトレーゼを設立し、中央道全線開通を契機に36都道府県へ展開。

ケーキ、アイス、洋菓子、和菓子、ワインなど扱う商品の幅が広く、しかも自社工場と販売店舗の間に卸を介さないことによる低価格もひとつの売り。

十勝の農場から仕入れた小豆を自社で炊く餡も魅力です。

【店舗サイト】 シャトレーゼ
【店舗数】 100店舗以上

02.甲州ほうとう小作(山梨県)

山梨甲州の郷土料理「ほうとう」の名チェーン店、小作(こさく)。甲府市に本社を持ち、1972年の創業。

ゴロッとした食材と平打ち太麺を味噌で煮込んだ、かぼちゃほうとうが主力。夏向きな「おざら」(冷やしほうとう)もあります。馬肉のもつ煮も。

天ぷら、揚げ物もあり、膳や重の盛り付けの和食な雰囲気で楽しめます。

【店舗サイト】 甲州ほうとう小作
【店舗数】 10店舗(山梨9、長野1)

03.桔梗屋(山梨県)

山梨銘菓「信玄餅」で一番有名なメーカーといえば桔梗屋。

和風の風呂敷パッケージの信玄餅をはじめとして、信玄桃、信玄餅プリン、信玄餅ロールなど名物も多く、和菓子、洋菓子ともに多彩。

カフェを併設する店舗もあり、あんみつ、信玄餅ソフトクリームなどを和の雰囲気で楽しむこともできます。

【店舗サイト】 桔梗屋
【店舗数】 9店舗(山梨のみ)
【系列店】 花菓亭3店舗、黒蜜庵11店舗、菓々茶寮5店舗、水琴茶堂2店舗、長寿村権六5店舗、他

長野県のご当地チェーン店

04.あっぷるぐりむ(長野県)

長野県に本社を持つ、あっぷるアイビーが運営するファミレス。

牛肉と国産豚肉の合挽きによるボリュームたっぷりの自家製ハンバーグが主力商品。

ベーシックな旨ハンバーグやハンバーグドリアに加え、信州産の牛と豚の合挽となる極みハンバーグもあります。

【店舗サイト】 あっぷるぐりむ
【店舗数】 10店舗(長野4、新潟4、富山2)
【系列店】 ピッツェリア12店舗、焼肉のバーンズ11店舗、カルビ焼肉2店舗、やきとり居酒屋きらび1店舗、サワディカフェ2店舗、ケーキ工房スイートアージェ1店舗

05.ピッツェリア(長野県)

前述のあっぷるぐりむグループのイタリアンレストラン。

薪窯で焼いたパリパリの生地のローマ風ピッツァ、ソースとよく絡むアルデンテのパスタ。

前菜、デザート、お酒も豊富で、飲んだぶんだけ会計できるボトルワインの量り売りもあります。

【店舗サイト】 ピッツェリア
【店舗数】 12店舗(長野7、新潟4、富山1)

06.焼肉のバーンズ(長野県)

こちらも前述のあっぷるぐりむグループとなる、ファミリー向けの焼肉レストラン。

2~3人前の大皿で提供されるプレート盛り合わせの焼肉が特徴。カルビの種類が多く、ホルモン、豚、海鮮もあります。

【店舗サイト】 焼肉のバーンズ
【店舗数】 11店舗(長野3、新潟1、富山7)

07.さんれ~く(長野県)

長野県内にのみ存在する、コアラの親子がトレードマークのファミレス。

指定農場の卵を使用したオムライスがひとつの名物。スフレロールケーキも特徴的な一品です。

洋食を中心としてハンバーグ、ステーキ、パスタ、ラーメン、おつまみ、お酒など定番のファミレスメニューが揃います。

【店舗サイト】 さんれ~く
【店舗数】 6店舗(長野のみ)

新潟県のご当地チェーン店

08.富寿し(新潟県)

上越市に本社を持つ寿司屋さん。通常の注文式の富寿しに加えて「海鮮丼富寿し」「廻鮮富寿し」「立喰い富寿し」など魚系の各形態の店舗があります。

ランチも用意されており、観光雑誌にも載っていて新潟市や直江津の観光で利用しやすいお店。

敷居が高すぎず、一方で各部屋に生け花が飾られている雰囲気作りもひとつの売り。新潟県産米のシャリに、こだわりの米酢、海苔、醤油、そして日本海の旬の魚を楽しめます。

【店舗サイト】 富寿し
【店舗数】 16店舗(新潟14、長野2)
【系列店】 春日亭1店舗、洋風ダイニングTOMMY-SAY1店舗

09.青島食堂(新潟県)

長岡市発祥で新潟県内に数店舗を構える、青い看板が目印のラーメンチェーン店。

長岡市の名物、生姜を使用したスープで体が温まる生姜醤油ラーメンを扱うお店です。

東京都への出店として秋葉原店もあります。

【店舗サイト】 なし
【店舗数】 8店舗(新潟8、東京1)

10.原価率研究所 200円カレー(新潟県)

新潟市で原価率計算やビジネスモデル研究を行う株式会社原価率研究所。

事業のひとつとして、店内飲食とテイクアウトで利用できるカレーチェーン店を展開。塩分や脂肪分控えめで普通の家庭の味を意識したカレーを200円で提供。

ちょっと怪しい見た目の店舗もありますが、公式サイトには安さの理由や産地も公開されています。

【店舗サイト】 原価率研究所
【店舗数】 8店舗(新潟5、東京2、神奈川1)
【系列店】 餃子システムズ1店舗

11.廻るすし道楽(新潟県)

タキノガワグループが展開する、南魚沼市に本社を持つ寿司屋さん。

なんと言っても、南魚沼を中心とした日本酒を多く扱っているのがご当地らしい特徴。太巻きも名物のひとつです。

ラーメン、定食、丼、揚げ物などの一品料理もあり、持ち帰り寿司も可能です。

【店舗サイト】 廻るすし道楽
【店舗数】 5店舗(新潟県のみ)

まとめ

色々なジャンルのグルメを楽しめる甲信越のチェーン店。もっと色々なお店がありますので、随時追記していきます。

(初回投稿日:2016年8月28日 更新日:2017年3月11日)