たまにしか飛行機に乗らず、少量のマイルがとりあえず貯まっているという人。

マイルは期限があるので、2~3年使っていないと自動で失効となり捨ててしまうことになります。「いつも捨てている」「中途半端な端数だけ余っている」というのであれば、寄付してはいかがでしょうか?

筆者はANAユーザーなので、1マイル単位で寄付ができるANAマイルで寄付をしてみました。普段マイルを貯める際に入力している「ANAマイレージクラブのお客様番号とパスワード」があれば、簡単に寄付できます。

ボランティア記事を幾つか書いている筆者ですが、寄付に特段強い思い入れはありません。「余った金額程度を気軽に寄付」するスタンスで良いと思います。期限到来が近いマイルもあったので、折角の機会として寄付をしてみたときの手順を公開してみます。簡単ですよ。

1.寄付の手順

(1)「ANA マイル 寄付」でググる

Yahoo!検索やGoogle検索で「ANA マイル 寄付」で検索すると、おそらく検索の一番上に表示されるサイトが公式サイトの登録用ページです。

(2)熊本地震用の「詳しく見る」をクリック

「熊本地震による災害への寄付」の説明欄の右下に「詳しく見る」というリンクがあるのでクリック。

(3)末尾の「マイルを寄付する」をクリック

マイル寄付に関する説明が書かれているので、読んだ上でページ一番下にある「マイルを寄付する」をクリック。

(4)ログオンする

普段マイルを貯める際に入力している「ANAマイレージクラブのお客様番号とパスワード」を入力して「ログオンする」をクリック。

(5)寄付するマイル数を入力

3000マイル単位、100マイル単位、1マイル単位に寄付する形となります。

例1 : 300マイル寄付する場合は「100マイル単位」のラジオボタンをクリックして、プルダウンにて「3」を選択。(画像のとおり)

例2 : 414マイル寄付する場合は、手間なのですが「100マイル単位」×「4」で寄付完了まで操作し、さらに「1マイル単位」×「14」で寄付完了まで操作します。二度手間なのですが、それほど時間はかかりません。

(6)注意事項を読み、確定ボタンをクリック

注意事項(マイルの戻しや取り消しは不可、領収書は発行しない)を確認した上で「上記の内容に同意する」にチェックを付けて「確定」をクリック。

(7)受付完了のメッセージが表示されれば完了

画像のとおり受付完了のメッセージが表示されれば完了となります。

先ほどの例2のように複数回操作が必要な寄付額の場合は、再度、手順1から実施し直せばOKです。

2.寄付後の確認画面(参考)

(1)マイル履歴の確認画面

マイルの使用履歴に「寄付・支援」という形で表示されます。(参照の際はログオン要)

(2)有効期限の確認画面

画像の左が寄付前、右が寄付後。有効期限が近いマイルから消費されるようになっています。(参照の際はログオン要)

まとめ

以上のとおり簡単なANAマイル寄付。熊本地震への寄付は2016年5月31日23:59までに実施要ですが、他の寄付は引き続き掲載されるので今回の手順で寄付できると思います。

簡単なので、ぜひどうぞ。