嵯峨野トロッコ

京都嵐山のトロッコ列車を筆頭に、テーマ性ある観光列車のある関西エリア。

滋賀県の甲賀忍者、和歌山のパンダ、京都のお茶などラッピング列車も揃います。

今回は関西の観光列車を紹介していきます。

京都府エリアの観光列車

のどかな田園を走るラッピング列車や、保津峡の絶景を楽しめるトロッコなどを紹介。

01.嵯峨野トロッコ列車(嵯峨野観光線)

嵯峨野トロッコ列車写真 トロッコ保津峡駅に停車中の嵯峨野トロッコ列車

かつて山陰本線だった嵯峨嵐山-馬堀の廃線区間を再利用した、桂川に沿った保津峡の景色を楽しめるトロッコ列車。

保津峡川下りとセットで楽しむコースが定番で、特に11月上旬から12月上旬にかけて紅葉を楽しめます。

窓の無いオープン車両の5号車リッチ席が人気です。

嵯峨野トロッコ公式サイト
【区間】 トロッコ嵯峨-トロッコ亀岡 片道7.3km
【時間】 片道 約25分
【料金】 大人 乗車券620円のみ
【運行日】 3~12月 閑散期の水曜を除く毎日 1日8往復

02.おばませんキャラ号6(JR小浜線)

おばませんキャラ号
出典 https://www.jr-odekake.net/

福井県の嶺南エリアを代表する、ゆるキャラ6体を描いたラッピング列車。

北陸デスティネーションキャンペーンの開催に合わせて、2015年10月から2018年夏頃まで運行されます。

若狭おばま観光協会 ニュース記事
【区間】 西舞鶴-敦賀 片道91.2km
【時間】 片道 約2時間
【料金】 大人 乗車券1,850円のみ
【運行日】 通年 時間帯非公開

03.京都山城列茶(JR関西本線)

京都山城列茶
出典 https://www.jr-odekake.net/

山城で2017年4月に開幕する「お茶の京都博」のPRとして登場し、2019年11月まで走る予定のラッピング列車。

京都の加茂駅と三重県の亀山駅を結ぶ関西本線の列車として、宇治茶をモチーフとした緑色の車両に山城の景色をあしらった円形ロゴが目立ちます。

京都新聞 ニュース記事
【区間】 加茂-亀山 片道61.0km
【時間】 片道 約1時間23分
【料金】 大人 乗車券1,140円のみ
【運行日】 通年 時間帯非公開

滋賀県-三重県を結ぶ観光列車

04.SHINOBI-TRAIN(JR草津線)

SHINOBI-TRAIN
出典 https://www.jr-odekake.net/

沿線に伊賀忍者と甲賀忍者ゆかりの地があるJR草津線にて、滋賀県の草津駅と伊賀市の柘植駅の区間を走る忍者ラッピング列車が登場。

沿線の市で結成されたプロジェクトチームで草選挙イベントでデザインを決定した、黒茶色ベースの車体に流線模様が施された外観。

JR九州 はやとの風専用サイト
【区間】 草津-柘植 片道36.7km
【時間】 片道 約43分
【料金】 大人 乗車券670円のみ
【運行日】 通年 時間帯非公開

05.パンダくろしお(JR紀勢本線)

パンダくろしお
出典 https://www.jr-odekake.net/

京都駅と和歌山県の新宮駅を結ぶ特急くろしお287系に、パンダのラッピングが施された「Smileアドベンチャートレイン」が登場。

側面にはパンダをはじめとした動物たちが描かれ、車内にもパンダ柄のヘッドカバーやドアがあります。

日本一パンダが多い白浜アドベンチャーワールドへの移動にも利用できます。

JRおでかけネット 特急くろしおサイト
【区間】 京都-新大阪-新宮 片道315.8km
【時間】 片道 約4時間40分
【料金】 大人 乗車券最大5,400円+自由席最大2,160円
【運行日】 通年 毎日 1日2往復程度

06.紀の国トレイナート号(JR紀勢本線)

紀の国トレイナート2017デザイン列車
出典 https://www.jr-odekake.net/

紀伊半島の海岸線にあるJR紀勢本線の無人駅舎を舞台として、各地から集結したアーティストが作品を展開するプロジェクト。

専用のラッピング列車が不定期で運行されます。

紀の国トレイナート専用サイト
【区間】 紀伊田辺-新宮 片道105.2km
【時間】 片道 約3時間10分
【料金】 大人 乗車券1,940円のみ
【運行日】 不定期(主に土日) 時間帯非公開

関西横断の観光列車

最後に新大阪と博多を結ぶ新幹線を紹介。

07.500 TYPE EVA(JR山陽新幹線)

500 TYPE EVA写真 山口県の防府の国道2号沿いからEVA新幹線を撮影

500系の山陽新幹線こだま号に、新世紀エヴァンゲリオンの初号機のデザインが施されたラッピング新幹線。

1号車には実物大コックピット展示体験ルームがあり、2号車にも紫色をベースとした専用の内装が施されています。

500 TYPE EVA 公式特設サイト
【区間】 新大阪-博多 片道38.3km
【時間】 約4時間10分~4時間34分
【料金】 大人 乗車券9,610円+自由席4,870円
【運行日】 通年 ほぼ毎日 1日1往復

まとめ

数としては乏しい関西圏の観光列車ですが、歴史を継承して今も息づく文化を感じさせる魅力があります。

以上、関西の観光列車特集でした。