花咲くいろはラッピング列車

岡山駅と津山駅を結ぶJR津山線。筆者が撮影した鉄道写真を紹介していきます。

誕生寺、亀甲など縁起の良い駅名が多いことから、快速「ことぶき」が走る津山線。

この「ことぶき」が初夏の時期に観光列車化される「みまさかノスタルジー」が人気で、1日2往復する「みまさかノスタルジー」をメインに撮影するのが楽しい区間です。

JR津山線の撮影地

01.亀甲←小原

亀甲←小原写真 緑のトンネルからみまさかノスタルジーの正面を撮影

亀甲(かめのこう)駅から徒歩でのアクセスもしやすい、緑深い景色と列車の迫力を収めることができるオススメ撮影地。

付近には紅茶専門の喫茶店があるなど、ゆったりとした昭和の雰囲気を楽しめます。

[地図] 亀甲(Googleマップ)
[場所] 亀甲駅から南へ徒歩0.3kmほど
[順光] 午後順光


02.小原←亀甲

小原←亀甲写真 亀甲の民家裏を走るみまさかノスタルジーを正面から

先ほどと同じく、亀甲駅から南へ300mほど歩いた踏切から北方向を撮影。

[地図] 亀甲(Googleマップ)
[場所] 亀甲駅から南へ徒歩0.3kmほど
[順光] 午前順光


03.佐良山→亀甲

佐良山→亀甲写真 森深い背景が美しい田んぼを走る普通列車

福田地区の森を背景に様々な構図で撮影できる、亀甲駅付近の撮影エリア。まずは平地から撮影する構図で普通列車を収めてみました。

[地図] 打穴中(Googleマップ)
[場所] 亀甲駅から北へ徒歩1.3kmほど
[順光] 午後順光


04.亀甲←佐良山

亀甲←佐良山写真 打穴中の広々とした田んぼの中をゆったり走る列車

福田地区の森へと向かい線路を越えるための橋は高さがあり、この橋から列車を見下ろす構図もまたオススメ。豊かな田んぼの中を走る列車を俯瞰することができます。

[地図] 打穴中(Googleマップ)
[場所] 亀甲駅から北へ徒歩1.4kmほど
[順光] 午前順光


05.佐良山←亀甲

佐良山←亀甲写真 和倉温泉で直進する特急「能登かがり火」を撮影

同じく福田地区の線路を越えるための橋から列車を見下ろす構図で、今度は南側を撮影。

こちらは木々の色合いとカーブが良いものの、家や看板も目立つためあまりオススメできないところです。

[地図] 打穴中(Googleマップ)
[場所] 亀甲駅から北へ徒歩1.4kmほど
[順光] 午後順光


以上、撮影地5選でした。