本日の焼酎レポートは、熊本県球磨郡にある抜群酒造の球磨焼酎「熟香抜群」です。「じゅくか ばつぐん」と読む、樽熟成の米焼酎です。スッキリとした減圧蒸留の米焼酎を樽で熟成させたもので、ほのかに黄色がかった色合いの樽香と熟成による丸みがいい具合です。詳しく紹介していきましょう。

1.銘柄の情報

くま川鉄道の多良木駅や東多良木駅から球磨川の橋を渡った先、田園の広大な風景に心洗われる場所にある酒造「抜群酒造」。小さめな蔵ということもあって商品ラインナップは少なく、減圧蒸留「ばつぐん」、常圧蒸留「黒麹抜群」、そして今回紹介する長期熟成の「熟香抜群」の3種類をベースにしています。

確か常圧蒸留のほうが熟成による美味しさが出るというのが一般的と聞いたことがありますが、この焼酎は減圧に樽熟成。そして、ボトルも透明なガラス瓶で樽由来の黄金色を見せるのが一般的ですが、この商品は黒い瓶を使用。ということでオーソドックスな商品ではなく、意欲的な一本だと言えそうです。

2.気になる味は

減圧蒸留によるスッキリとした香りと、ほのかな樽香が心地よい。アルコールの突く感じがあまり出過ぎないところは熟成によるものでしょうか。

味わいとしては樽熟成ゆえのバニラ香がそこそこ出ていますが、甘さがなくむしろほろ苦さが出ています。減圧蒸留ゆえのシャープな感覚がしっかり残っています。香りに反して味わったときにアルコールの付く感じが少し残りますが、熟成によるカドの無さゆえか程よく飲みやすく仕上がっている焼酎。

樽香が上品に鼻へと抜けていく感じ。そして、後味の樽香がほのかに口を潤し、適度な余韻を残す。いいお酒だと感じます。ストレートや水割りが美味しいですし、お湯割りにするとほのかな樽熟成の香りと緩やかな甘さとまろやかが出てきてオススメです。

商品名称 熟香抜群 原材料名 米、米麹
商品分類 本格焼酎 米焼酎 蒸留方式 減圧蒸留
酒造名称 抜群酒造 度数 25%
酒造所在 熊本県球磨郡多良木町 容量 720ml