本日の焼酎レポートは、熊本焼酎なのに米じゃなくて芋!だけど本格的で旨い「茂作」です。しかも「くまモン」ラベルが可愛らしく、900mlで存分に楽しめるオススメの焼酎です。

1.銘柄の情報

熊本県の玉名郡にある、昭和35年創業の「花の香酒造」の焼酎。かつては神田酒造という名前で、創業者の神田茂作氏から名前を取ったのがこの焼酎「茂作(もさく)」です。

白茂作、赤茂作、金茂作の3種類がラインナップとして用意されており、今回の焼酎は黄金千貫という品種の芋を使用した白茂作です。

(ラベルから引用)原材料は白芋(黄金千貫)を使用し、白麹仕込・白にこだわった香り高い茂作の中でもスッキリとした一品。さらに割水には温泉水を使用した、まろやか・すっきりとした白茂作。

原料の芋に対して国産米の米麹を使用して醸造したものです。

2.気になる味は

アルコール度数は25度と一般的なのですが、一口飲んだだけでアルコール度数の高さとアルコールの刺激が強く舌に響きます。ストレートで飲むと結構きつめの味に感じます。

オススメなのは水と焼酎を1対1にして飲むハーフ。水で割っても薄さを感じず、アルコールの味わいと原料由来のコクをしっかり感じ取れる力強い味です。

常圧蒸留ゆえのコクが活きていて存分に楽しめる味わいで、芋臭さの強さを好む人にはピッタリの焼酎です。

一般的な720mlではなく900mlと量多めでありつつ、注ぎやすい通常サイズの瓶。そして濃いめの味わいゆえに何日もかけてじっくり楽しめるコストパフォーマンスの高い焼酎と言えます。

商品名称 白芋焼酎 茂作 白茂作 原材料名 芋、米麹(国産米使用)
商品分類 本格焼酎 芋焼酎 蒸留方式 常圧蒸留
酒造名称 花の香酒造 度数 25%
酒造所在 熊本県玉名郡 容量 900ml