岡山といえば桃太郎!桃太郎といえば、きびだんご!

実は、お土産で売っているきびだんご製品の大半は「もち粉」が主原料。きび粉は少量使用、もしくは全く使用していないなんて製品も。

今回紹介する製品は、きび粉100%使用。その名も「昔ながらのきびだんご」で、水飴を主原料としてきび粉を合わせて作られたものです。製造は中山昇陽堂。

黄色がかった色合い。もち粉を連想しつつもパサつかずモッチリ食感が良くて、求肥っぽさのある甘い味わいがしっかり舌に届きます。

某有名老舗のきびだんご製品と比べると、個人的にはこちらの製品のほうが好き。持ったときや食べたときの「信頼感のある硬さ」というのか、しっかり形を保っている感覚がいいんですよね。個包装も持ちやすい風呂敷の形。

賞味期限は大体20日で、個包装15個入り1箱で720円。他製品だと15個615円くらいが相場なので、きび粉だと少し高くなるけれど全然許容範囲です。