箱根のお土産「湯のたまご饅頭」。

箱根といえば温泉まんじゅうが定番。本格的なものは温泉の蒸気や温泉水で生地を作るなどこだわりがあるのですが、その手の商品は消費期限も短いもの。

今回紹介するのは、観光地でよくあるタイプの饅頭。

「湯乃町・湯煙り・湯乃香り」という表記のあるパッケージで和の感じがありつつ、ピンク色の包装がかわいいです。

湯のたまごと称されているので、おそらく餡に卵を使用しているのでしょう。黄色い餡が程よく甘く、白餡ベースのしっとり優しい味わい。

乳製品系の味わいをほのかに感じます。お茶やコーヒーなどに合う印象。

ちなみにこの商品と同じロゴの「湯のたまご」という商品が和歌山にある様子。そちらも美味しそうな見た目です。