千葉県の名産といえば落花生(ピーナッツ)で、落花生を用いたお菓子がお土産として定番になっています。

今回紹介するのは、見た目が大きいピーナッツになっている最中(もなか)。その名も「ぴーなっつ最中」です。

最中の中身は、丁寧に濾した小豆由来の餡。見た目も舌触りも滑らかで、とても綺麗な色合いのこし餡です。ベトつき感のある甘さではありますが、しっかりとした味わいは違和感もなくじっくり楽しめます。

餡だけでなく、甘露煮のピーナッツが丸ごとの粒で入っています。あくまでアクセント的で控えめなピーナッツで、ピーナッツの硬さをほのかに残しつつも甘露煮として柔らかくなっています。