天草は熊本県です。ということで熊本県の西側に広がる天草のお土産のひとつがこの「天草塩クリーム大福」です。天草でなぜ大福なのかはわかりませんが、天草の塩を使用しているという点でご当地由来の銘菓と言えます。

島ということで海に面している町が多いことで塩づくりも盛んなのだと推測でき、天草の塩づくりは確か入浜式だったと思います。いわゆる瀬戸内などでも用いられている手法で、満ち潮で自動的に塩田に海水が入ってきて干潮時に塩を採取するもの。一方、能登半島などはバケツ汲み上げの揚浜式ですね。

肝心の大福の味は、わかりやすく言うと雪○大福のような食感と味。柔らかく伸びる求肥の皮には軽めの白い粉が付き、中のクリームも柔らかくベトつきやすいシナッとした食感。小豆も柔らかいため全体的にゆるい食べ応えの大福と言えます。塩気が甘さを引き立て、まったり程よい味です。

写真は9個入りパッケージ。別フレーバーとして「いきなりクリーム大福」「阿蘇小国ジャージーヨーグルトのクリーム大福」というものもあり、店頭で3種並んで置かれていることもあります。