熊本県の定番インスタントラーメンといえば、アベックラーメン。2人前が1つのパッケージになっているということで、アベック(死語)つまりカップルで食べるという意味でアベックラーメンという名前になったのだとか。

五木食品が製造していることで「五木のアベックラーメン」という名称になっています。人吉地方に五木村という場所がありますが、そことは関係があるのかわかりません。

ストレートの乾麺とスープ用の粉袋(粉と液体が混ざったタイプ)が入っており、麺を茹でたお湯に粉袋を足して作れるので手間いらずです。ノーマル味ととんこつ味の2種類があります。

ノーマル味も実際のところ透き通り気味のスープでありつつもとんこつベースの味わい。博多系より太めな細麺で柔らかめな食感はまさに熊本ラーメンを連想する食感、そしてスープもマイルドなとんこつベースで塩気も適度。とんこつ味はノーマルよりも白濁したスープになりますが、味のベースはあまり変わらない印象。どちらも美味しくて小腹がすいたときにピッタリの食べ物。クセになります。