新潟県の花特集

新潟県の花の名所といえば、どこを思い浮かぶでしょうか?

新潟県を代表する花の名所といえば、直江津エリアの高田公園にある雄大なハス池。

今回は、新潟県の花の名所を紹介します。
(取り急ぎ夏の花を中心に紹介し、これから記事を充実させます)

新潟県の花

01.あじさい(6月中旬~7月中旬)

高田公園のあじさい写真 お城やハス池を背景に楽しめる高田公園のあじさい

新潟県にもあじさいの名所はいくつかあり、遠くに田んぼをのぞむ斜面のあじさいが綺麗は「観音山公園」などがあります。

高田城を背景に撮影できる「高田公園」のあじさいも魅力。朱塗りの橋とハス池もあり、ハスの花より少し早い時期にあじさいの最盛期を迎えます。

場所 名称 時期 本数
上越市 高田公園 不明
リンク:こまちウェブ 新潟県のあじさい名所一覧

02.ハス(7月下旬~8月中旬)

高田公園のハス写真 全国屈指のハスの名所の高田公園で朱塗りの橋をバックに

全国随一の蓮(はす)の名所として、東洋一の蓮花群と名高い「高田公園」が有名。

朱塗りの橋が架かる大きなハス池は歩いて周回するのも大変なほど大きく、そのハス池にピンクのハスが沢山咲く光景が実に素晴らしいです。

また、高田公園付近にも展望小屋付きのハス池があり、ゆったり散策することができます。

場所 名称 時期 本数
上越市 高田公園 7月下旬~8月中旬

03.サルスベリ(9月下旬~11月中旬)

佐渡歴史伝説館のサルスベリ写真 佐渡歴史伝説館の広場に咲くサルスベリの花

百日紅(さるすべり)の漢字のとおり100日ほどの長い期間咲く木として、夏にピンクの彩りが綺麗な花。

新潟県では特に花の寺として知られる佐渡市の「長谷寺」が名スポットで、住職が約150本のサルスベリを植えたことで境内がピンクに染まるお寺として春の牡丹と並ぶ名物です。

場所 名称 時期 本数
佐渡市 長谷寺 7月下旬~9月中旬 150本

まとめ

上越から下越まで広いことに加えて佐渡島もある新潟県は、花の名所も広範囲。
定番のハスやあじさいなど夏の花に魅力のある県と言えます。

以上、新潟県の花の名所の紹介でした。