帆布(はんぷ)とは、綿や麻を用いて平織りで織られた布のこと。厚手で丈夫であるのが利点で、対火性や耐水性にも優れている。

風を受けて進むための帆船(はんせん)の帆として作られたのが始まり。

国内の帆布の約7割は岡山県倉敷市郷内で生産されており、倉敷帆布として鞄をはじめとした布製品の製造販売が行われている。他にも尾道帆布、鎌倉帆布など全国各地で製造、販売が行われており、観光地の工房、ショップにて購入できる。